スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年は時間がたつのが早いなぁ。。。

気がついたら12月でございます。あれだ。11月はいつの間に過ぎ去ったんだ? ブログ見返したら学祭のことしか書いてないし。どんだけ手を抜いてたんだ僕はと愕然としながらも、別にこれといって面白いこともなかったのでまあ、これはこれでありかな、なんて思いました。うん。日記的位置づけのブログで自己正当化してどうする。

とまあ、学祭以来あんまり頭を働かすイベントがなくて僕のツッコミスキルもほぼ発動する機会がなかったんですが。ここにきて何か面白いことを書かなきゃいかんと布団の中で考えましてですね。そして毎晩それで眠りに落ちていたんですよ。なんというか、こんな自己暗示で導入催眠にかかるなんて、よほど僕の深層心理は眠りに飢えてるらしいです。

そんな話を友人に話したところ、「お前チューハイ一杯で泥沼じゃん」と素っ気無く言い返されました。そうですね。導入催眠とか自己暗示とかちょっと難しめの言葉使ってみましたが、アルコールが入れば一緒ですよね。最近ホントアルコールに弱い気がする。

さて。12月はそんなアルコールに弱い僕にとってはちょっと憂鬱な時期。いわゆる忘年会シーズンというヤツですよ。…連日連夜飲み屋をはしご。終電逃して残る選択肢はカラオケボーリングビリヤード。家に帰るのは始発。まあ、それは言いすぎですが、3日に1回は何らかの忘年会がありますからね。

そしてそれ以上に憂鬱なのがあれですよ。クリスマス。生まれた年もよくわかってないキリストのお誕生日を恋人が祝おうっていう、しかしまあ一体どれだけの人がクリスマスにそんなことを考えているのかわかったもんじゃない、要するに恋人たちがいちゃいちゃするための日ですよ。

最近友達の様子がおかしいと思っていたら、コンビニで流れてくるクリスマスソングに突然発狂してました。お前はどこぞの精神病患者かって感じでしたね。話しかけたらクリスマスがいかに無駄なものであるか、そもそも恋人たちの概念についてアダムとイヴの時代まで遡って解説されましたからね。店員のイタイ人を見る視線が痛かった。って、僕を頭数に入れないでくれ。被害者だ僕は。

とまあ、彼曰く恋だの愛だのはただの錯覚であり、街中は偽りであふれていて、要約するとクリスマスなんかなくなれということなんですが、自分に彼女ができたら言うことが180度回転することは間違いないです。ホントいい性格してると思う。

去年のクリスマスはひどかった…。やることもないので男友達3人で町に出かけたのはいいものの、早速後悔した。一体なんだこのカップルのるつぼは。町を歩くのはカップルがほとんど。一人者は家で引きこもってやがれといわんばかりオーラがあふれてました。

だがしかしここでくじけては男が廃る。もとい、バス代が無駄になる。しかしこれ以上イルミネーションを見ていると情けなくて年を越す気力がなくなってしまう。僕らは窮地に追い込まれていた。そんな教会の絵を目の前にしたネロとパトラッシュのごとき僕らの前に救いの光が舞い降りた。

カラオケ。

いやもう何も言わないで欲しい。冷静に考えてみると一体何をしていたのかわからないし、現に朝になってカラオケボックスから放り出された僕らはしばし呆然としながら誰ともなく歩き出し、家に帰って布団にもぐりこんで涙で枕をぬらした。…確かそんな感じだったと思う。ホントに記憶があいまいだ。というか、できれば思い出したくない黒歴史だからか。




ただ、

あの日歌った、

山下達郎の「クリスマスイヴ」は。

リアルすぎて切なかった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。