スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グッチー

ネットの世界で愚痴ってもろくな事にならないというのが豊さんの持論ですが。


ただまぁ、リアルに愚痴ったほうがリスクもデメリットも大きいわけで。結局愚痴を言う場というのは、飲み屋で面白半分に話してしまうか、場末のバーの片隅に陣取って、延々とブツブツ言い続けるぐらいしかないのです。…前者の方はともかく、後者の方は営業妨害になりかねませんね。心当たりのある人は注意しましょう豊さんのことです。

すると一体どうすればうまく愚痴ることができるのか。豊さんの知り合いには「スポーツで汗を流せばストレスなんて吹き飛んじゃうぜ」とか言う頭の中のネジも何本か吹っ飛んでるんじゃないかという人がいるんですが、あのね、豊さんは愚痴りたいって言ってるんですよ。ストレスは直接関係ないだろ。それは「彼女がほしい」って言ってる奴に「風俗いけ」って言ってるようなもんですよ。根っこの問題はおんなじだけど直接的な回答になってない。

となると、何処で愚痴るか。基本的には一人で愚痴るのが地球にも環境にも周囲の心情的にも優しいので、その方向性で行くのですが。ブツブツ言うのは家の中だけにしておいて、例えば職場で、年上の女性社員に当たり散らされた時とか、その場で言い返しちゃあ大人じゃない。女の取り扱いは細心の注意を払わないといけません。別に豊さんがフェミニストだからとかじゃなくて、ただ単に触らぬ神に祟りなし的観点からです。豊さんがフェミニストなのは、比較的低年齢の女性に対してのみです。

そういった時に、我慢できればいいのですが、我慢できない時もある。にんげんだもの。

なので、メンタルクリニックなどが進めている方法が、「愚痴を書き出す」という方法です。

仕事をしているふりをしながら、テキストエディタを開いて恨みつらみ、日頃言えないこんなことやあんなことを思うさま書きまくるという方法です。別にPCがなくても、紙に書き出せば大丈夫です。

愚痴を聞いてくれた相手の相槌がないのは物足りませんが、一番他人に迷惑をかけずに処理できる方法だそうです。

この時期は会社や学校もせわしなく忙しくなる時期ですからね。肉体的な体調不良もですが、精神的な体調不良にも気をつけていきたいものです。



…ちなみにタイトルは、祐三さんでも北海道放送のキャスターでもありません。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。