スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンスタント・スコア

今回もひどかった。


おおよそ「人間を捨てる」という表現が一番しっくり来る今回のマラソン。いえ、今回のというか今回もと言った方が正しいのですが。もう現代人として、いや社会人としての何らかをかなぐり捨てての3日間です。毎度のことながら、終わった後の喪失感は尋常じゃありません。それが楽しい時間が終わってしまったからなのか、それとも貴重な休日を…という思いなのかは永遠に謎です。

今回の攻略タイトルは以下のとおり。

「PriministAr」 HOOKsoft
いきなりギヴ。なんというか、ヤマ無しオチ無し学園モノがもうすでに受け付けない体に。それでもテキストで読ませる、ないしは笑わせてくれるなら良かったものの、イチャコラ展開はあるものの全編にわたってのっぺり進行、笑いの要素を詰め込んだPITはいちいち画面を変えないと見れないという仕様で、ついにギブアップ。
なんと言いますか。らいらい時代の栄光はどこへ…って感じですねぇ。エッチシーンも昔のが良かったような気がします。むー…懐古厨というわけではないのですが。


「グリザイアの楽園」 frontwing
いきなり投げ出した為に秘蔵っ子を投入。一切外れる要素がない三部作の最終作はやっぱり最高でした。リアルな必要ななく、作りこまれた箱庭の世界を臨場感で盛り上げるという意味合いでは、傑作と言っても差し支えない作品です。
畑違いの知識を巧妙に織り交ぜて展開される物語の校正は見事の一言。その知識は正しい必要ななく、ただ「説得力」と「疾走感」が尋常じゃなく伝わってきます。
時間が許すならば、三部作を一気に最後までぶっ通しでやってみるべきです。


「ノブレスオブルージュ」 ちゅあぶる
そしてこちらも秘蔵っ子。女装女子校潜入モノ。シチュエーションだけで秘蔵っ子と言ってますが、中身は期待通りの出来でした。ひと通りのお約束はやってくれました。満足。
惜しむらくは、俺TSUEEEE展開が薄いこと。多少はありましたけど。せっかく女子校の中で男一人なんだから、ピンチを助ける~とか、悪者を退治する~とかやって欲しいですよねぇ。そういうのはマンネリとは言わず王道と言うのです。
後、ボリュームちょっと薄かったかも。共通をもうちっと増やしてギャグ要素を入れると更に良かったと思います。
そうやって見ると、おとボクは完成度高いよなぁと思ったり。


「らぶおぶ恋愛皇帝 of Love」 HARUKAZE
相方が投げたHARUKAZEソフトの処女作。テキストがとっつきにくいってのはたしかにちょっとあるかも。人を選ぶ笑いのツボ。豊さんは楽しかったですけどね。
というかあの手のものは、「自分が果たしてこのテキストを書けるかどうか」っていう観点から、ライターの何処のネジが外れたらこんな掛け合いが書けるんだろう、という楽しみ方をするのが正しいです。
あとは、キャラが立ってる。好きなキャラばっかでした。かなり豊さんの中で高評価です。とりあえず一番好きなのはスーです。異論は認める。あと、イサミさんのルートが欲しい…。


というわけで、ギブったのは外して3本攻略。いつもどおりのスコアですね。でもやっぱり集中力的にも3本ぐらいが限界なんだろうなと思ったり。

今回は豊かさんは限界突破はしませんでしたので、それなりの睡眠時間(つっても普段に比べれば寝不足)を確保しておりました。お陰で日常生活への復帰は結構楽でしたね。

んー持たいないですね。不眠不休は。無茶できない体になってるのは確実に感じます。

あれだな。やるんであれば4日間休みで3日間だけブーストするっていう戦い方が理想ですね。

次回はその方向性で考えてみようかしら…。


っと、同時開催のカレーの話は次の更新で!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。