スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学祭警報解除。  後日談

最近バイト先の空気が悪いです。別にバイト先の店長と従業員が禁断の恋に落ちていて、それを知らんぷりしてるみんなの無言のアイコンタクトが空気を汚染しているとか言うわけじゃなく、物理的に空気が悪い。もう、乾燥しているとかそういうレベルじゃない。もう、水分含有率はマイナスの域に達している気がします。それに空気循環率はゼロ。窓なんてあるわけないし、ドアは自動ドア。

もうね、そんななかで5時間も働いてりゃ頭も痛くなるってもんですよ。酸欠。なんでたかがコンビニバイトでこんなに疲れるんだ。。。

さて。グダグダのまま幕を閉じ、一応の収束をみせた大学祭。しかし、祭りはまだ終わってはいなかった。。。


「うわぁ」
「すごいな。こりゃ。。。」

兵共が夢のあと、とはよく言ったものですが、どちらかというと、飲兵衛どもが宴の後と表現した方がいいような気さえします。時は大学祭翌日午前9時。後片付け要員というより、二日酔い対処要員として招集された僕らは、惨状を目の前にして深いため息をつきました。

「どうします?」
「とりあえず…うちのスペースを片付けるか」

昨日はあんなに人がうごめいていたというのに、さすがに今日は僕らと同じような片付け要員と、酔いつぶれて力尽きている人。気温は10℃近くまで下がっているのに半そで半ズボンという猛者。絶対風邪ひくだろ。あれは。

「ぐ!」

そんな俺の屍を越えてゆけ的な戦場をあとにして、屋台の跡地にやってきたんですが…

ビール臭が。

おかしい。下は普通のグラウンドですよ。なのにビール臭。バイト先と違って換気は十分というか吹き抜けというかそもそも屋根がビニールシートで申し訳程度に覆ってあるだけだというのにこのビール臭。おかしい。この地面に一体どれほどのビールがしみこんだというのか。

「…予想以上にひどいですね。こりゃ」
「いや、予想はできてただろ。昨日のこと考えれば、ここに死体が転がってないだけましだよ」
「それもそうかもしれませんね…」

僕らはひとしきり観察を終えると、諦めたように片づけを開始。

缶を拾い、焼き鳥の串を拾い、ビンを拾ってペットボトルを拾う。とりあえず目に付くものは全部ひろ……

「!?」
「どうし……!?」

無我夢中でごみを袋に叩き込む僕らの目の前に。


紫のパンツが。


脳内認識にたっぷり3秒かかりましたからね。なんていうか、とりあえずよろこぶよりも先に困惑しますから。いや、これは体験した人じゃないとわかんない。なんていうか、関連性がない。屋台にパンツ。ぜんぜん意味がわからない。なんかの暗号なのか。

とまあ、一通り疑ったあと、改めてそれに注目します。

「…センパイ」
「なんだよ」
「どうするんですか」
「どうするっつったって…」

男二人してパンツを目の前にして仁王立ち。笑えるというより人類の80%はそのまま無言でできるだけ距離を置いてスルーしていく気がするのですが、そのときの僕らに周囲の目を気にする余裕はなかった。次々と浮かんでは消える女性陣の顔。あれだ。いま頭の中を読まれたら僕は桜の木の下に埋められるに違いない。

まさか学生課に落し物ですって持っていくわけにも行かないし、部屋の掲示板に押しピンで「落し物」って訳にもいかない。どうしたもんかと考えあぐねいていると、脇の先輩が、この世の終わりの様な顔をして一歩後ずさった。

「どうしたんです?」
「こ……これ。おい。よくみろ」
「? なんです」
……男物じゃないのか?
「……ッ!?」

思わず僕も後ずさり。

なるほど。確かに女性用にしちゃサイズが大きい。というか、こりゃ完璧にブリーフ型だよ。何で気がつかなかった! 僕は何に期待したんだ! 

と、はたから見ればほんとに理解不能な展開を迎え、しばしの慟哭の後、僕らは頷きあって火バサミでそれをつかみ、目を瞑って力の限り彼方へ葬り去りました。ゆけ。男の夢を乗せてどこまでも。……その後しばらくしてから悲鳴が会場に響き渡りましたが……それが何の悲鳴かは僕らの知るところではありません。願わくば、男のロマンに夢を見んことを。僕はごめんですが。


多少のハプニングというか妄想大会というか煩悩全開といった方がしっくりくるような出来事はあったものの。無事に屋台を解体し、これで大学祭も終わりかーと感慨にふけりながら、部室のドアを開けるとそこは。

第二の戦場だった。

いつぞやの蓑虫の群れに空き缶が彩りを添える。異臭というよりは腐臭といった方が適切な表現であると断言できるその空気は、おおよそ生命活動を営むものが生きることのできる環境ではなかった。というか、この蓑虫たちはほんとに生きているのだろうか。微動だにしないんだが。

ため息をつきながらどうやって片付けようか思案していると、足に何かが当たる。なんだろうと思ってみてみると、ボールだった。

何でこんなところにボールが? しかも硬っ! 重いし…なんに使うボールだ? テープで補強してあるし…補強って言うよりぐるぐる巻き…ん? これどこかで…

と思った瞬間、僕の背中に冷たい汗が流れ、あわててそのボールを放り投げました。蓑虫の上に落ちて、ぐえ!とかいってたけど。そんなことはどうでもよろしい。

ややっややややっややや…やっぱり……!

人間の頭ぐらいの大きさで、規則的に張られた肌色のテープ。化学反応と炎色反応の結晶。ちょろっと見えるロープみたいなのがチャームポイント。

ええ。花火ですとも。

確かに大学祭のクライマックスで花火を打ち上げはしましたが。なんでここに打ち上げ花火があるのか全くもって謎。しかも無造作に床に放り投げてあるというずさんな管理。当事者はみんな夢の中で、僕の存在を知るものは僕しかいない。

ここで僕がとる選択は。

「静かに部室のドアを閉める」

……今日ぐらいゆっくり休ませてくれ。。。

僕は心底疲れきった表情で、帰りのバスを待つのだった。。。。




これにて大学祭編終了です。いや~。時間かかった。生きててよかった。ちなみに僕はこの後のことを知りません。知りたくはないです。まあ、たぶん、バスケットボールに細工して偽花火を作ったとか言うオチでしょうが。。。真実は闇の中です。いや、解明しませんよ。メンドクサイですしw
スポンサーサイト

コメント

どうもです
次、ってか「ホワイトブレス」もまだ未プレイなんですが・・・PSPに出る「Kanon」が気になるので買おうかと思ってます
豊様は「Kanon」は・・・経験済み?(笑

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。