スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自作を舐めるととんでもない目に合う

この度メインパソコンの大掃除に伴って、一時避難兼サブPCとして、ノートPCを購入したのですが。


いえ、購入したというよりかは中古の本体を買ってきて新品の部品詰め込んだという表現の方が正しいのですが、ノートPCを初めて自作したわけですよ。

いやはや、デスクトップと違って自由度が少なくて、規格が違えば合わない入らないは当たり前、互換性のあるものだってちょっとぐらつけばそれだけで使用中に脱落の可能性があると気が抜けません。

やっぱあれですよ、ノートは素直に買った方がいいですよ。故障したってったって、ほぼマザボ交換の憂き目にあいますからね。コンデンサ爆発。ノートはデスクトップに比べてはるかに自作が安いですけども。

時間と手間を考えたら、買う方が早い。間違いない。


閑話休題


それはさておきと言っておきながら、PCを買ったって話に関連するのですが、XPの保証期間が来年の3月いっぱいで終了しますね。

まぁ、保証が終了するだけで、別にあるものは使い続けてもいいのはいいのですが、やっぱり使いにくくはなるわけですよ。再セットアップ時とか、不便になると思います。

2年ぐらい前から新規販売時にOS選択でXPを選択できなくなりましたし、Vistaと違って7はそこまで悪評を聞かないですし、着実にOS移行は進んでるように思います。

しかしながら、XPと7では開発プラットフォームが異なるため、ソフトの互換性が危ぶまれているのです。いや何をいまさらと思うかもしれませんが、今の今までは「そうはいっても何とかしてXPを手に入れることができる」っていう状況だったのが、マイクロソフト母体が完全に手を切るという状況に立つと、着実にそれが難しくなってしまうのですよ。

具体的に「どうします」という発表はないものの、それが逆に「いやだってサポート終了したし」という魔法の言葉で逃げられてしまう可能性をはらんでいるのは言うまでもありません。

いや、何が言いたいかっていうとですね、7対応していないXPのエロゲができなくなるんですよ。それが大きな問題なんですよ!

そりゃね、待てばリメイクとかされて対応するのかもしれませんが、すでに潰れてしまったソフトハウスや、そこまでの余力がないソフトハウスの作品なんかは永遠に日の目を見れなくなる可能性すらあるのです。そんなことが許されるでしょうかいや許されるはずがない。

とまあそういう状況ですので、一応XPの環境はあるけど、仮想でバックアップをとっときたい。でもVMとかは敷居が高い。そういうお方のためのwindows7 XPモードでございますよ。

windows8には残念ながらXPモードを搭載しておらず、VMで環境作るにしても今更XPのライセンスなんか入手するのが難しい。…いやできなくはないですけど。

そんな面倒くさい事するくらいならば、てっとり早く7のPro以上のバージョンを買って、XPモード使う方が建設的かなと思ったりするわけなのですよ。まぁ所詮仮想なので、実機には敵わないのですけども。

ただ、普段は使わないXPの為に実機を開けるくらいなら、多少パフォーマンスは落ちても、仮想で環境持っとく方が賢いような気がするのです。どうせやるのはエロゲですしね。

PCの進化はあっという間ですので、皆様も現状把握と市場動向にはそれなりに気を使いましょう。

気がついて手遅れ、余計なお金を使う羽目になりかねません。

買いたいと思った時が買い時、なんていう言葉は確かに真理ですが。

正しくは市場からなくなる時にとりあえず買っとくのが正解、というわけですね。

…うーん、オタ思考ですこと。



スポンサーサイト

コメント

No title

それどころかモバイルPCとかになると自作など無理ですから(^_^;;;
>いやはや、デスクトップと違って自由度が少なくて

>時間と手間を考えたら、買う方が早い
だからメーカーはノートで勝負するんですよ(笑)

>PCの進化はあっという間ですので
買ったとたんに新型という展開が一番怖いですよねええ(汗)

No title

>それどころかモバイルPCとかになると自作など無理ですから(^_^;;;
ふははははは! だがしかし豊さんが作ったのは13インチのモバイルなのだ!
業務用と言えばカッコいいものの…排熱が厳しい。これだからN○Cは。

いやでもほんとノートは買う方が賢いですよ。壊れたら捨てる感覚で。5年持てば御の字。
長く使おうと思えばデスクトップの方が自由がきいていいですけどね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。