スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学祭警報発令中! 屋台開店編

最近めっきり寒くなりましたね。この週明けからすごく肌寒く感じます。昨日なんて最低気温10℃をきってましたからね。あれか、登校に原付で45分かかる僕に死ねと言っているのか。マジ寒い。到着後ゆうに30分は指が満足に動きませんでしたからね。寒さで。クローゼットの中のコートを思わず手にとってましたよ。

さて。そんな11月にしてすでにギブアップ宣言しそうになってる豊です。しょっぱなからありえないテンションで繰り広げられる大学祭。一体どうなったのでしょうか。。。

ビラが空を舞い、風船が空を舞う。いたるところでゲリラライブが始まり、ラジオの公開録音が始まる。ゴジラが我が物顔で道を歩き、ウルトラマンが「デュワ!」とかいって、飛び跳ねてる。あ、ピグモンもいるし。

カオスとなりつつあるメイン会場の片隅で、僕は硬直していた。

「な、なんだ。。。この行列は?!」

目の前にはわがサークルのお粗末な屋台。そしてその前に続く長蛇の列。開始20分にしてこの繁盛振り。一体どんな脅迫、いえ、魔法を使ったんでしょうか?

「…一体何をし…」
「いいから手伝え!」

問答無用で腕をつかまれ、屋台の中に引きずり込まれ、待っていたそこは戦場だった。異様な熱気の下、バナナの皮が散乱し、牛乳が流れ、アイスが空を舞っていた。

僕らが作っていたのは、「スムージー」という名のアイスとシェイクの相子みたいなもので、本物を僕はみたことがない。というか、先輩がそれを作ると言い出すまで、その存在を知らなかったのだった。作り方はいたって簡単で、バナナとアイスと牛乳とチョコと氷を適当にミキサーに入れてスイッチを入れるだけという、世にもアバウトな飲み物(?)です。

「氷もってこい! 急げ!」
「牛乳ねぇぞ! 部室からとってこい!」
「チョコが溶け始めてる! 誰だこんなに一気に持ってきたのは!」
「オーダー! スムージー18個!」
「「「なにぃーーー?!」」」

というかまあ、この状態をたった4人でまわしてるのもすごいですが。シフト作ったのはいいものの、みんな自分が遊びたくて仕事の時間が無茶な割り振りになってしまたという、シフトの意味がねーだろ的展開に。とりあえず。

「牛乳と氷、取ってきます!」

パシリにいってきますb

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。