スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学祭警報発令中! 開幕編

いまだ部室で蓑虫になってる先輩方を日ごろの恨みと尊敬の意を表して最大限の力で蹴り飛ばし、強制的に現実世界におはようございますしてもらいました。…そのうちの一人はレバーに入っちゃって、今にも吐きそうでしたけど。うん。あれはひどいことをした。

外ではすでにお祭りムードではしゃぎ始めてる人もちらほら。構内をナナハンでウイリーして爆走する人始めてみましたよ。どんだけ治外法権なのか。しかも二人乗り。たぶん自動車部の人たちだと思うんですけど…。

って、そんなのに見とれてる場合じゃない!

残り2時間で屋台組んで、机と椅子を運んで、材料もってって、機材搬入して。実行委員の人に見本提出して。つり銭を用意してそれからそれから。。。。

「サンドイッチマンは?」

そうだ! サンドイッチマン! …って、それはどうでもいい!

ゆうゆうとシャワーを浴びて帰ってきて開口一番。盛大に突っ込みを入れて殴り倒し、

「と、とりあえず! 屋台組んでください! んで、二人は第二駐車場へ。機材搬入お願いします。それから、8時になったら材料がきますんで、それまでに冷蔵庫とクーラーボックスを運んでください。僕は伝票と申請書を片付けますから!」

なんかこうやって書くと、「ゆけ!」とか偉そうにいってるみたいですけど、本人切羽詰ってそれどころじゃないんですからね。つか、何で最年少の僕が取り仕切ってるんですか? 幹事は買出しに行っていないから仕方ないとしても、僕以外に適任は……

うん。いないな。

今が楽しければそれでいい。がうちのモットーですが、それを額面どおりに受け止めてる人たちばっかりですからね。さすがは4年生になってもサークルに残り続けてる人たちですよ。お気楽刹那主義の権化みたいな人たちばっかり。就職が決まった四年生は最強です。

去年は去年で決算報告で裏工作して、学友会からマークされてますからねうちのサークル。それでもまだばれてないところがあるらしいですからね。せめて今年の学祭ぐらいは清く潔くをモットーに。。。

……なんで薄笑いを浮かべてるんですか?

「とにかく、巻き、でお願いします!」

よっしゃあ、まかせとけ! と大変頼もしい返事が聞こえるのですが、油断してると手段に夢中になって、目的を忘れそうです。ていうか、昨日の宴会がまさにそれだった。油断ならない…が、あいにく僕はひとりしかいない。そしてそろそろ締め切りをぶっ飛ばしてもらった申請書のデッドラインがやってくる。

ここはとりあえず信用することとして、申請書を片付ける他あるまい。というか、これが落ちたら屋台が出せないですからね。むしろ、申請書が落ちたら僕の首が落ちます。押し付けられといてなんとも理不尽な話ではありますが、任された以上やるしかありません。いや、決してカレー一週間分に釣られたわけじゃありません。それは押し付けられたんじゃないだろという突っ込みも却下です。

その後、怒涛の勢いで伝票と申請書をやっつけ、学友会にものすごく「うざ」みたいな顔で見送られたのが八時半。そろそろ他のサークルも行動を開始するころです。さすがにうちのサークルは寝泊りしてるだけあって、一層の差が……

何で骨組みだけなんだよ。

おかしいやん! なんで一時間かけて骨組みしかできてないの?! もう完璧に出来上がってるもんだと思ってたよ! ていうか、人すくなっ! ほかの先輩たちは?

「朝飯」

くらっときたね。なんていうか、ここまでマイペースなのかと。

ちょうど帰ってきた先輩たちに盛大な突っ込みをかまし、急いで屋台を組み始めます。気の早いサークルはもうすでに開店している様子…明らかに人はいませんが。

そんなこんなで屋台完成と材料到着と開門がほぼ同時刻というミラクルを達成…狙った? まさか。

「よっしゃー開店だー!」

試作品どころか、材料の分量も決めずに開店。見切り発車もいいところな僕らの屋台は、こうして暴走列車のごとく開店を迎えた。

……確実に脱線するな。こりゃ。

つづく。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。