スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学祭警報発令中! 準備編

「起きろ! 行くぞっ!」

体育会系の先輩の声でモーニングコール。…うん。結構ブルーになるね。なんかこう、いきなりやる気がなくなるって言うか…。どうせならあの先輩の甘い声で

「起きろって!」 ゲシッ!

問答無用のローキック。さわやかな朝のモーニングコーヒーとは正反対もいいところな寝起きに素朴な疑問が一つ。

何でこの人がいるんだよ。つか、顔みたことないよ、この人。

いきなりの赤の他人登場で多少面食らったものの、見渡すとそこは見慣れた部室。昨日「前祝い」と称して行われた宴会の残滓がそこらじゅうに。おお。ビンビールのケースが山積み…って、誰だよこんなに飲んだの。記憶にないぞ? その他にも机の上には鍋を食べ散らかした跡と、そこらじゅうに缶が転がっている。まるでだめな男の一人暮らしの部屋みたいになっている部室。そして、蓑虫のようにもそもそと動く先輩たちの影。

えっと。どういう状況?

さっきまで夢の世界へ旅立っていた僕の頭はいっこうに回転数が上がらない。心なしか、胸焼けがする気がする…。いかん、パンシロンは何処だ。

冷蔵庫を開け、常備してある栄養ドリンクの合間を縫ってパンシロンを取り出して飲み干す。ついでに窓を開けて朝の新鮮な空気を…。

サムッ?!

忘れてました…ここは大学の部室。すなわち田舎の山奥。ここは本当に広島の一部なのか疑問に思ってしまうほど田舎で、そしてこれが大自然の驚異だといわんばかりの寒波。気温は10度を割っているに違いない。早々に窓を閉めて、改めて部室を見渡します。

よくもまあこの狭い部屋の中に8人も寝れるもんだ…。僕の頭には「人間には不可能はない」という言葉がふっと浮かびましたが、どう考えても用法を間違えている気がして、即刻削除しました。僕の常識を壊すんじゃない! しかしみんな寝相悪いな。

足の踏み場を懸命に作りながら外に出る…途中で先輩の足首をぐりっ、って感じで踏んだんですけど、起きる気配は皆無。一体どんだけ深い世界に旅立っているというのか。

酒臭い部屋から出ると、そこには巨大な看板が。

「仁義なき戦い~トークショー 13:00~」

あ、そうだ。今日から大学祭か!

…いやまあ、仁義なき戦いのトークショーってどういう状況か全く理解できないんですけど、というか、そんな需要があるのかどうか全く持って不明。。出演者の名前も書いてないし。つか、そこははずしちゃいけないところじゃないのか。しかも入場料1500円。高! ぜってー客はいらねーよ。

ここに来てやっとのことで状況を把握するという、のびたクンもびっくりな寝ぼけぶりに笑ってしまいました。あはははは。昨日のことは思い出したくない。

ひたすらお金の計算と申請書と戦った。気がつけば夜の11時。なし崩し的に宿泊が決定したまではいいものの、一段楽して買出しに出た先輩が買ってきたのがアルコール入り飲料だったからさあ大変。他のサークルも巻き込んで鍋パーティの始まりです。

んで、気がつけば朝の7時。……7時!?

ちょ、ちょっと!? まずいでしょ! まだ申請書書いてないし、何よりまだ店作ってないんだよ!? 完璧に寝坊じゃん! そこに積み上げてあるのうちの備品じゃん! 誰も手をつけてないのかよ!?

「お、起きてーーー! 起きてくださいー! 間にあわねぇーーー!

果たして間に合うのか? 波乱の学祭、開幕編へ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

昨夜ふぐ鍋(てっちり)パーティ開催しました♪

鍋パーティin下関、ふぐ+山口県産名物「はなっこりー」を加えて見ました~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。