スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤキソバ★プリンタ

最近ポンコツ具合が増してきましてですね。

晩御飯にカップ焼きそば食べようと思って、パッケージ破ってふた開けたら全部びりってはがしましたからね。お前どうやって湯きりするんだ。

まぁザルにでもあければいいべ。しかし気が緩んでいる。気をつけよう気をつけようと自分に言い聞かせて、ソースを湯を入れる前にそのままかけるという荒業は回避しました。

で、部屋に戻って湯が沸くのを待ってたら、あなた、いつまでたっても湯が沸かない。おかしいな、隙間風で火が消えたかと思ってガス台見てみたら。まさかのヤカンすらガス台に乗っていませんでした。一瞬意味がわかりませんでしたが、イリュージョンでもなんでもなく、ただ湯を沸かし忘れたそれだけ。

ただまあその、湯を沸かしたつもりが沸かしてなかったっていうのが結構クリティカルで。だって、電気ポットの電源コードが外れてたのとはレベルが違いますからね。ヤカンに水を入れてガス台において火をつけるっていう結構な作業を丸まるすっかり忘れるって一体どういうことですか。

なんかもうドジとかそういう次元じゃない。若年性アルツハイマーもかくやというレベルです。


閑話休題。


そろそろ年賀状という言葉が聞こえ始める時期ですな。

知り合いの日本○便契約社員は今年も「ノルマがぁ~」と言って転げまわるんでしょうな。

悪く思うな。豊さんは50枚以上は絶対に買わん!

前年までは実家が近所でしたので、「ゴメン年賀状刷らして」と昨今のインク価格を気にすることなくがっこんがっこん刷りまくりまして、実家のプリンタの寿命をすり減らしていたんですが、今年はそういうわけにも行かず、プリンタを購入しなければならないのですよ。

豊さんの昔のプリンタは、度重なるコピー誌の印刷、たまに使うと鬼のように酷使しまくり、インクのつまりやらなんやらで社会人になると同時に漏電、文字通り荼毘に付されました。それ以降はコンビニのネットプリントや職場のプリンタなんかで凌いでいたんですが、さすがにどうだ。年賀状にいたっては私用が過ぎる。

…いや、同人誌の推敲原稿を会社のコピー機で刷ったお前が何を言う。

まぁ、若かったんですねぇ…。

で、いろいろ調べているんですけど本当にピンキリですね。ランニングコストやらなんやら考え出すともう豊さんの手には負えません。

でも、今安いですねプリンタ。7000円切るプリンタだってごろごろしてるじゃないですか。下手したらインク代のほうが高い。

最初は安くて後からじわじわ搾取するって言うこの手法、変えたほうがいいような気がするんですよねぇ…。まぁ、プリンタってのはパソコンの周辺機器の中ではダントツに故障率が高いんですが。

そう考えると、安いプリンタ買って保証に入るよりも、使い捨てとは行かないまでも、壊れたらすぐ次の、ぐらいがいいんでしょうかね。

無論、印刷品質にこだわらなければ、の話ですけど。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。