スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつもの食事に取り込みたい、たった一つのこと

仕事が忙しくなると更新が捗り、暇になると滞るというこのジレンマ。

もう一回ジレンマという言葉の意味を辞書で引いて来いと言われてもおかしくなく、そろそろハリネズミに串刺しにされてもおかしくない今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

まぁ豊さんに関して言えば、日本全国あちらへこちらへ、大車輪の勢いの活躍を見せておりまして、多分また全国に3人ぐらい豊さんの子猫ちゃんが増えたかと思います。うん、謙虚。

豊さんの子猫ちゃん事情は誰も信じてくれないので良しとしますが、ちょっと休日は仕事の付き合いで遠出して、平日は平日で溜まりに溜まった仕事をモバマスをつつきながらこなすという生活を続けておりますと、フラストレーションは溜まるわお金は減るわで散々でした。

ま、先週末は勢いに任せて湯原温泉に行って温泉満喫。アウトレットモールでいいだけ伝家の宝刀ボーナス払いで買い物してストレス解消したんですが。

お金のことはボーナスが入るまで考えないことにしました。普通は逆だけど。

で、温泉旅館に泊まったんですけど、宿のご飯ってやっぱりおいしいのね。

食材云々もレベルが違うのですが。そりゃブラックタイガーと伊勢海老比べられても両者とも困りますわ。そういうことじゃなくて、例えばご飯の違いとかですかね。

まぁお米にもあるじゃないですか。ブランド米。あきたこまちとか名の知れたブランド米は「ああ高級品だよな」と若干余裕を持ってみれるのですが、名前も聞いたことのない正直何がすごいのかぜんぜん分かんない米が10kg50,000円とかで売ってて「はっ!?」とか素っ頓狂な声をあげることもあるのですが。

そりゃそういうのを食べれば間違いなくおいしいのでしょうが。コスパの関係でこの旅館がそんな浮世離れした米を使ってるとは思えない。コレは一体なんだろうと考えたんですよ。

ここで「そりゃ作ってるヤツの腕が違うからしょうがない」なんていう人は三流もいいとこですよ。そんなものは当たり前です。それを差し引いてもうまいんです。そんな事いうなら豊さんなんて、割と頻繁に川越シェフの作ったパスタ食べてますからね。ボロネーゼ。いいだろ。

また可哀相なものを見る目で豊さんのことを見る人が増え…いえ、最近はどうも変なものを見る目で見る人のほうが多くなっており、それはそれでありだなと思うのですが、それはそれとしておいしさの秘訣ですよ秘訣。

それはやっぱ、火ですよ。火。ファイア。

あのね、やっぱ火を通すと物はおいしくなる。いやまぁ刺身とか、生で食べるものは別として。

最近あるじゃないですか。電化住宅でキッチンで一切火を使わない、安心安全。ガス代節約!みたいなのが。

もうね、見てられない。

昔何処だかの本で読みましたけど、古来生物に火をかけるということは、その生物の生物性を否定し、自らの糧とする儀式だとされていたそうで。そりゃそうですよね。火を使う猿が人間なのですし。火を使って調理するということは、人間のDNAに染み付いた「自然」なんだと思います。

人の事をとやかく言うつもりはないのですが、やれ電子レンジやら、IHクッキングヒーターやら。熱の伝導率は効率的で、お金も安く。最終的に火を使うことと同じことが手軽に安全に出来るんですけど。やっぱりどこか違う。

お湯を沸かすこと一つとっても何かが違う。電子レンジで沸かしたお湯とガスでやかんで沸かしたお湯と、同じはずなんですけど。理屈ではわかってるんですけど、違和感がぬぐえない。そういうことなんだろうと思います。

ご飯を炊くのだって、電子レンジで炊くかお釜で炊くかの差なんでしょうけど、決定的何かが違う。でなきゃお釜で炊くなんていう手間のかかる手法、もっと寂れてる。

火で調理された料理を、温かいうちに口にする。一人暮らしだと、まとめて作ったりカップラーメンで済ませたりと、たったそれだけのことが出来ないことが多い。経済的な理由もあるでしょう。モバコイン買いすぎたとか。

でも、たまには土鍋でご飯を炊いて、味噌汁と共に食べたいもんです。


…節約しろ? ごもっともですな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。