スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星の王子くん レビュー

お久しぶりにゲームレビュー! ちょっと古いけど名作の予感! Leafの「星の王子くん」でございます。

今回からレビューの仕方ちょっと変えてみました。とりあえず豊さんの中でオススメ作品認定決定レベルなんだというところを踏まえてどうぞ!




総合評価
★★★★★★★★☆☆

オススメ攻略順
こころ→ユーリ→りんご→ちの→ぷりん

プレイ時間
約12時間

イチオシポイント
【終始ハイテンション】
とにかくギャグが絶妙。というか、正直一昔前のセンスのギャグ。だがそれがいい。最近のギャグ特化のゲームにありがちなヒロインをヒロインと扱わないような乱暴な扱いで笑いを取りに来る形式ではなく、あくまで「キャラ」の域を出ない扱いでボケツッコミをさせる手腕は見事。

【まさかの逆転サヨナラホームランシナリオ】
あるルートが衝撃的過ぎる。この世界に足どころか肩までどっぷり浸かってる豊さんですが、この発想はなかった。正直びっくりした。構成自体は手放しで面白いとは思うものの、キャラの魅力には結びついていないところが残念ですが…。

【主人公(偽りなく)フルボイス】
さすが葉史上最大の音声ファイルを誇るだけあって、まさかの主人公フルボイス。18禁シーンでもフルボイス。○○シーンでもフルボイス。…これはイチオシじゃないかもしれない。



総評

正直、シナリオ担当が永田先生というだけで期待していました。

永田先生といえば、葉の不朽の名作にして豊さんのベストPCゲーム「Routes」のシナリオを手がけた御大ですが、あまり表舞台に出てこられない。葉のゲームでも久しぶりに起用されたんじゃないかと思います。

この「星の王子くん」ですが、発売前からいろいろ言われてましたね。葉のブランドイメージとは少し毛色の違う「陽」を前面に押し出して、ハーレムイチャラブニヤニヤゲーとか言われて、おまけに外注。「葉の実験作」なんていわれ方もしてました。

正直その通りで、自分で今書いていて「…どれも否定できないじゃん」と戦慄を隠せずにはいられないのですが、豊さん個人としては実験は成功だったんじゃないかと思います。まぁ、葉のブランドイメージがどうの、という話は置いておいてですね。

期待していた永田節ですが、健在です。ギャグノリに隠れて目立ちはしませんが、ふと漏らすキャラの一言が、凄く深い意味を持っていることに気付きます。日常を起伏あるギャグで描くのと対照的に、個別ルートでそれぞれの問題に立ち向かうときのそれぞれの『個性』が、凄くいい味を出しているのに気付くと、このゲームが凄く面白く感じられます。特にヒロイン勢、中でもりんごは作中の成長がとても魅力的なキャラだと思います。

シナリオ展開も危なげなく、キャラ単体の魅力も十分。キャラゲーの気は否定しませんが、体験版のノリが自分にあってると感じられたなら、プレイする価値はかなりあると思います。

逆にあのノリが辛いと、苦行以外の何者でもないかもしれません。何せエンディングまで続きますから。なんでしょう、こう…昭和の匂いがするノリとか。わからない人は本気で分からないですからね。

絵に不満などあるはずもなく、音楽も文句なし。OPED共に明るい雰囲気の曲で作品の方向性に凄く合ってると思います。OPは最近ヘビロテ気味。

逆に不満点といえば、シナリオ量がもう少しだったのかもしれません。ボリュームが。…せっかく、全体としていい雰囲気を出しているのに、ルート確定が早すぎて、共通ルートの醍醐味である全員参加のイベントがほとんどない。つまり、「誰のルートに入ろうかと悩む楽しみ」がほとんど無いのが気になります。

人によっては説明書とかHPで先に攻略順を決めておく、なんていう人もいるかと思います。しかし一方で、本当に直感と本能のみで選択肢を選んで、「自分の性格そのままなら、一体誰のルートに入るんだろう」なんていう楽しみ方をする人もいると思います。ええ。豊さんのことです。

そういう人にとっては、ちょっと楽しみが半減するかもしれませんね。

共通ルートにもうあとイベント二つぐらい、それぞれのルートにイベント一つぐらいづつ追加すれば、かなり評価が上がると思いました。


以下よりネタバレありなのでご注意を。

さすがに史上最多サブキャラ数を誇るだけあります。相対的に魅力的なキャラが多い。ていうかルートに入ってからのサブキャラ出番なさ過ぎて全豊さんが泣いた。くりーむちゃんとかアンとかリズとか出番なさ過ぎだろ立ち絵まで作っといて! 扱い酷すぎる! くりーむちゃんなんか最後の最後にちょろっと姿出てきただけじゃねぇかー! ばかー!


FDも期待できないだろうなぁ…何かと合同で…無理か…orz


でもやっぱり葉信者だったりする豊さんでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。