スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インストール時間について、本気出して考えてみた

また宇宙の真理に一歩近づいたと本人は自負しているのですが、本日のテーマは読んで字の如く、インストール時間についてでございます。あ、もちろんエロゲの。

ハード上であるプログラムを使用可能な状態にする為に、任意の領域にデータを書き込むこと。それがインストールです。

で、アインシュタインの相対性理論に基づくと、当然の如くインストールには時間がかかります。…今アインシュタインとか出しましたけど、あんまり深い意味はないです。何かをする為には必ず時間が必要だってことが言いたかっただけです。あんまり脱線気味なことしてると、豊さんの物理学に対する無知が露呈しますので、深くは突っ込まないでください。シュタゲもやってないし。

そう、このインストール時間というものが今回のテーマなのです。

まずですね。大前提として、このインストール時間と言うものは、ユーザーにとってそのものずばり、必要悪だと言うことがあるんです。

確かに、プログラムを動かすためにはインストールしなければいけない。それに時間がかかることも分かる。しかし、その時間は完全なる手待ち時間。その時間は短ければ短いほどいいんです。

インストール時間を短くする方法はたった一つ。ハードの性能を向上させるしかありません。必要なデータ量があらかじめ決まっているならば、後はそれの処理能力の差ですからね。

CPU換装、ハードディスク増設、電源強化、レジストリ変更…と、打てる手立てはお金のかかるものからかからないもの、劇的に変化するものから、些細な変化しかしないものまで、数多くのものがあります。

ただ一般的に、そこまでするほどのものじゃない、インストール走らせてる間に別のことしてればいいじゃんという風潮があるのは事実です。

かくいう豊さんもその通りで、豊かさんちの無駄に廃スペックパソコンに物を言わせて、バックグラウンドでインストールを動かし、その間ネットサーフィンをしてたりします。

しかし。

しかしですよ。

つい先日、知人に言われたのです。


「オマエ、インストール時間をバカにしてんじゃねぇのか」

「…残念だよ」



そりゃもう月9のドラマばりな突き放し方で、ほらよくあるじゃないですか。「お前は今日限りでクビだ。明日から店には来るな」みたいに師匠に言われちゃって、大体弟子のほうが主人公なんですけど、なんでクビにされたかわからなくって、失意のどん底に陥って落ちぶれちゃうんですけど、そのどん底で見た底辺の食事とかからヒントを得て、「これだッ!」とか言っちゃって、慌てて店に戻るんですけど、師匠には聞き入れてもらえなくって、それならしょうがないとか逆に闘志燃やしちゃって、なんかのコンクールみたいなのに出て優勝しちゃって、「大事なもの、お前にもわかったようだな」的なことを師匠から言われちゃって、その何処となく全部分かってる風な言い方に涙張りで「はい!」とか言っちゃってめでたしめでたしみたいな。どんなだ。

まあ、そういった知人自体が完全に向こう側の人間なので、どうやっても月9展開にはならず、せいぜい地方ローカル局の土曜日の朝早くやってる「トマトちゃんの大冒険」みたいな誰得番組レベルの展開にしかならないと思うのですが、気づかされたと言うのも事実なんです。

確かに今まで大して気にもしていなかったインストール時間。しかし、言われてみれば、もっと尊重するべきなんじゃないだろうか。豊さんは間違っていたんじゃないだろうか?

いてもたってもいられなくなり、仕事中だというのにぐーぐる先生にお伺いを立てる始末。すると出てくる出てくる。最早それは、インストール時間デスマッチとも呼べる様相を模しており、インストールボタンを押したときから戦いは始まっているんだと言わんばかりの、血で血を洗う戦国模様。魑魅魍魎、跳梁跋扈のインストール時間の争いに、豊さんは足を踏み入れたのです。


・シャワー浴びて歯を磨いて、身だしなみを整える

これはね、天啓を受けた。全くその通り。「今から新たな女の子に会いに行くのに、風呂入らないとか正気かお前ら」という言葉通り。本気で感銘を受けた。

思えば、全く礼儀がなっていなかった。人間は外見じゃない、中身が大事なんだとはよく言うけども、初対面で中身なんて見えるわけがない。やはり外見がちゃんとしていなければダメなのだ。特に初対面では。人間はね、食べたことないものをまずいといえる生き物なんだよって誰か言ってた。全くその通り。二回目。

出来れば、無駄毛の処理と爪切り後にやすりのケアも当てておきたい。


・マニュアルを読む

これもアリですね。パケ買いしてしまったときとか、設定がよく分かってなかったりする時がありますからね。時折、HP上とは異なる人物解説をしてくれているものもありますし。

ゲーム性の高いものとかは、一読しておくのとしておかないのでは、チュートリアル時に大きな差が出ます。やっぱり予習って大事ですよね。

ちなみに豊さんは説明書を全力スルーする人種なので、ここも改めて行きたいと思います。


・正座して目を閉じて精神統一

これもアリですね。イメージトレーニングは重要。自分に暗示をかけて、世界観を吟味し、現実の世界にさよならを告げる。大げさに正座して、とか言ってますけど、これは実はごく自然なことで、至極当たり前にみんなやってることなんだと思います。


・体を清めて神社でお祓いをして、一回抜いてそれでもやりたいか考える

これは実は多分豊さん的にはそれでもやりたいと思うんですね。抜きゲー買いてぇ!って思ったらやってみると効果的かもしれませんが、実はすでに購入してインストールしてる最中の話題でした。じゃあやるよ。やらないとか失礼だろ。


・全裸待機

さすがにどうかと思うんだ。冬だし。豊かさんちでそれやったら凍え死ぬし。というか、裸になるのは結構後半でいいと思うの。


・脱いだ服をきちんとたたむ

なんだ、豊さんが間違ってるのか。


・パンツを外に投げる

フィーバーしすぎ。


というわけで、さまざまなインストール時間の活用方法があるようです。

礼節を欠かさず。常に意識を持って臨む。

その先に桃源郷があるような気がしないでもないです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。