スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回エロゲマラソン 予告編

氏曰汝何故復其
我曰我行我在故


ある漢文の一節にこんな文があります。

和訳してみると、ある人が私に「なぜそれを繰り返すのか」と問いかけ、私は「それを行うことに自分自身がここにいる意味があるからだ」と答えたと言う、なんとも深く、物事の意味を考えさせられる文です。嘘です。

誰の実りにもならない嘘をまるで呼吸するが如く自然にかましましたが、特に深い意味はありません。あくまで話の導入に使いたかっただけです。ごめんなさい。

人は繰り返すことで、物事をサイクルに組み込み、より効率的で、よりよい結果を得ます。最も合理的で、もっとも確実なこのサイクルを、人は本能として持っているのです。

ですが、その本能が鈍り、本当にただサイクルを回るだけと言う状態も存在します。それは、完成された全く無駄のないサイクルの場合もあれば、進化を望まない、閉じた世界のサイクルの場合もあります。

多くの場合、そのサイクルは「得るものがない」と評されます。学ぶべきことはない、これは慢性的な死であり、手の施しようがない、と憐憫や諦めにも似た視線を向けられることが多い。

ならばなぜそのサイクルはとまらないのか。それを惰性、や向上心のない人間の居場所などと下評する人間もいます。しかし、それは間違いで、何かしら「得るもの」があるからとまらないんです。本当に無駄であるならば、その時点でサイクルはとまるんです。

「得るものがない」とは、「得られるものが見えない」「なんの役に立つか分からない」と言った状態が正しいのです。

まぁ、何がいいたいのかと言えば人生無駄なことなんてほとんどない、繰り返す日常の中でも得られるものは確かにあるんだよという、なんともキナ臭い使い古した台詞なんです。無駄を無駄と罵る前に、本当に無駄なものか、本当に自分にとって得るものは何もないのか、見つめなおすことが必要なんだと思うのです。

と。言うわけで。

ある歴史を、また繰り返そうと思うんです。





第5回エロゲマラソン ~秋の夜長はこれしかないっしょSP~


ええ、ええ。皆さんはまた「馬鹿なことやってるこいつら」的な視線で豊さんたちを見るんでしょう。そんな無駄な。そんな非効率的なことをやってどうするんだ。何か得るものはあるのか。

その問いにあえて胸を張って言いましょう。「それはまだ、分からない」と。

桃源郷にたどり着くため、己の中の野獣を鎮める為、迸る熱いパトスに任せた暴走。理由と結果、建前と本音、そんなものは全て後付けで構わない。

「する」ことによって「イミ」を見つける。

それは、参加したものにしか分からない物だと思います。


開催日時 2011年11月18日(金)正午 開始

金曜日ですね。善良な会社員である豊さんが金曜日の真昼間からおっぱじめるということは有休つかってますね。善良な会社員は決して『エロゲするので休みます』とは言わない気がします。

多分日曜日までエンドレスビートだと思いますので、皆さんも振るってご参加ください。冷静になったら負けです。

冷静になったら、負けです。(大事なことなので2回言いました)



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。