スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いきなりあなたに恋してる レビュー

これまた信者の枕から「いきなりあなたに恋してる」です。まぁ枕信者というか、豊さんはすかぢ信者のような気がしないでもないですが。

とにかく行ってみましょう!

■全般的に

豊さん的オススメ度はA。枕の枕による枕のための作品。いや、意味わかんないですけど。とにかく枕の風がびゅんびゅんでした。

中二くさい設定、回りくどい表現、独特の間の取り方、そして重箱の隅をつつくようなパロネタ…これぞすかぢプロデュースです。最高。合わない人にはとことん合わないんでしょうけど、その潔さもまた良し。

アクの強いというか、クセしかないこの状況をまとめ上げて一つの作品にするそのセンスが凄い。ライターの力ですねぇ。

タイトル…うん、いきなり恋してるのは割と普通の設定なんで何とも…確かに主人公への好感度は全員初期値でMAXですけど。だがそれがいい。

攻略対象は4人と前作に比べるとだいぶ減少。ボリュームも少ないかなぁ。たぶん12時間前後。スキップ使えば10時間前後ぐらいじゃないかな。

以下魂の叫び。

みんな好きだああああああああああああああッ!

以下詳しく。


■設定・世界観に関して

主人公は完璧な好青年で、喧嘩無双可能。そつがないかなりな高スペック。ただし少々鈍感と、近年まれにみるテンプレ男。

ただし、中二設定とは言っても、あくまで現代舞台で、多少オカルトが入ってくるぐらい。あとはなんやかんやで良くも悪くもエロゲ設定です。展開についていけなくなることは少ないかと思われ。

後は言葉遊びの伏線をどこまで楽しめるかでしょうね…。

■攻略について

攻略は難しくないです。ヒロイン4人分のルート。普通に目当てのキャラ寄りの選択をしていけばルートに入れます。

オススメ攻略順も特になし。別に話の大筋で大いなる謎が隠されているわけではなし。基本的にラブコメなので。

ただ、細かな?は、それぞれのルートで解き明かされるので、完全好みで攻略順を決めてしまってもよいかと思われます。


■シナリオについて

巧い。ライターの力量はかなり高いです。

特に秀逸なのが、共通ルートや涼ルート。言葉遊びや考察にも触れてます。

眠い頭でプレイしているとちょっと置いて行かれるかも。それでなくてもネタが随所にちりばめられてるので、100%楽しむには万全の状態で臨むことをお勧めします。

オススメします。(大事なことなので二回言った)


■キャラについて

全員ツボる。やびゃあ…!

紡>胤>詠歌>涼

あえて順位付けをするならこんなところ。相変わらずわかりやすいな豊さん。

サブキャラを含めても登場人物が少ない。女性サブキャラはあと一人教師がいるだけで、あとは背景キャラ。

でもいい。メインヒロインたちが輝いてるから。


■システムについて

特に不満なし。気が付いたらセーブ&ロードを一回も使わずにコンプしていた。さすが豊さん。

バグも特に気になるところはなし。


■総評

ボリュームは少ないものの、枕作品。とりあえずジャケ買い余裕作品ですね。

開発期間はそれなりにあった&発売日延期したにもかかわらず、ボリュームが少なかったのは残念な点。あっさり終わりすぎな感じもある。

ただそれ以外の点で言えば、王道も王道なラブコメ。ただしちょっとズレてる。前回のしゅぷれ~むキャンディも王道といいつつ、何とはなしにパロネタだとかギャグだとかで王道からずれてたような気がしないでもない。いやそこがいいんですけどね?

とにかくまあ万人にオススメはできないですけども、豊さん的にはプッシュ作品です。合わないと思ったら止めといたほうがいいですけど、上とか下とか読んでちょっと興味持ったらやってみるのがいいかもしれません。


以下、ネタバレ有の感想。


いやね、まあぶっちゃけた話絵が好きなんですよ豊さん。絵だけでご飯3杯行けるんですよ!

今回立ち絵で秀逸だったのは胤ですね。あのおっぱいの躍動感というか筆のタッチが個人的にクリティカルヒット。やばかった。

相変わらず服が丁寧。デザインもセンスあるなぁとひとりでによによしてました。キモイ。だがそんなの関係ねぇ。

ただ、今回はSD絵がなかったですね。ちょっと残念。

絵も申し分ないんですが、テキスト、シナリオもなかなかなのですよ!

随所にちりばめられたパロネタ、ギャグはもちろんですが、特筆すべきは共通ルートの学校の怪談のところですね。ペリーさんマジウケた。じゃなくて。合わせ鏡と生贄のところですね。そこでも秀逸だったんですがまさか伏線になっているとは思いませんでした。してやられた。

キャラについて言わせてもらえば、まず涼。巫女さん&カンチガイS娘やびゃあ。デレてからのMプレイもやびゃあ。その毒舌にシビレる。

詠歌はまさかのオナニー魔神でそのギャップがすげぇ。義理の兄妹なのにまさかの血のつながりには大いに吹いた。そんなんありか。

胤はうん、これもどストライクだったね。がさつで不器用で明るいのに空回り娘。単純な主人公への好感度でいえば随一だったんじゃないか。あと、メイド服反則。アンミラ風メイド服反則。

そしてオオトリ我等が紡先生ですが、とにかくかわいすぎる。涼みたいにガッツリ毒舌というわけでもなく。胤のようにアグレッシブでもなく。自分が学生ではないから、自分は主人公にふさわしくないからという微妙な心の距離を見事に表現している! ちょっとすげぇと思った。

んで、最後の屋上での愚痴りながらの酒盛り大会でしょ。なんていうかこの…大人の部分も垣間見えて。でも結局寝ちゃってホワイトクリスマスで。あああああああああああああああああ(←ちょっと壊れた

惜しい! 惜しすぎる! なぜこのボリュームなのだッ! がんばれよ!!! もうちょっと俺にその世界を見せてくれよおおおおおおおおお(←慟哭

…ファンディスクに期待したいですけどね。ちょっと無理かなぁ…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。