スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛しい対象の護り方 レビュー

ハイというわけで久々のレビュー一発目はマラソン作品です。豊さんが信者のAXLの新作ですね。

■全般的に

豊さん的オススメ度はB+。AXLっぽいノリでした。前作までの作品に面白さを感じることができるなら、問題なくいけると思います。

ただ、やはりソフトハウスの風潮というかなんというか、シリアスはほぼありません。テーマも重たいものを扱わず、ハッピーエンド、大団円エンド。話に起伏がないわけではなく、盛り上がりも抑えてるところなんかはさすがといえます。

プレイ時間はシナリオスキップ使用前提で11時間程。ボリュームはちょっと少なめ。

タイトルを額面通り受け取ると、AXLの代表作「恋する乙女と守護の楯」を思い浮かべたりもしますけど、特につながりはありません。まあ、世界観が共通しているので、設定は共通のところがあるんですが、主人公が女装したりクラスメイトが暗殺者だったりはしません。残念。

攻略ヒロインは過去最多(?)の8名。4人がメインヒロインで4人がサブヒロイン。その攻略人数の多さはキミの声が聞こえるに匹敵するところがありますが、先にも書いたように少々ボリューム不足。ここだけが残念。

恒例の魂の叫びは。

変態男キャラはどうした!?

以下詳しく。


■設定・世界観に関して

主人公が昔に分かれた幼馴染を追って学校に入学する…というなんとまあベタな展開。

ただしその学校が軍事教練学校だったり、警護課、軍事課、研究課の3つに分かれてバカテスもどきの戦争起こしてたりします。

おそらくですが、時系列的には恋盾のかなり前の話になるんじゃないかと思われます。ネタというか設定はAXLの過去作品を受け継いでいる箇所がある。


■攻略について

攻略人数は多めの8人。サブキャラ全員攻略できるというなんという親切設計。

選択肢はそれなり。同時攻略…というか、ルートは大きく分けて4ルートで、それぞれメインサブ一人ずつ攻略するスタイル。

攻略自体は難しくない。ただし、極端に偏りすぎた選択をしていると、ルートに入れなかったり、最後の攻略キャラ選択肢分岐が出なかったりするかも。

オススメ攻略順は特にないものの、無難に結衣から始めるのがいいんじゃないかと。

■シナリオについて

アクセル節全開。ノリのいいシナリオ展開と、キャラの立たせ方はさすがというほかない。

残念だったのは、今作はそこまでぶっ飛んだキャラがいなかったこと。プリフロのジンとか、あそこらへんのノリが不足してる。やっぱぶっ飛んだ男キャラは必須です。

個別ルートにてそこまで他ヒロインが空気になることはないものの、重要な役割を担うこともない。キャラが立ってるのでにぎやかしには出てくるんですけど。

あんまり頭を使うシナリオではないかなぁ。伏線もバレバレなのがちょこっとあるぐらいだし。

良くも悪くも王道。


■キャラについて

不満なし。さすがAXL。

好みとしては

汐理>>結衣>シャルロッテ>>ひより=成実=綾乃>>>>>>美冬>>>>>>乙葉

って感じでしょうか。

まあ、メイドさんが史上最下位の同率四位という豊さんの中で何が起こったのかと驚かれる諸兄もいらっしゃると思いますが、ちょっと今回はメイドさんがステレオタイプすぎて微妙だったというだけの話です。印象残らなすぎ。決して悪くはなかったんですが。。。

あとやっぱり男キャラのインパクトが弱かったですねぇ…。


■システムについて

AXL特有のシナリオジャンプ機能は今回も健在。これ使うと個別ルートに入るまでものの10分ぐらいしかかからない。

個人的には話の流れも見ておきたいのがあるので、スキップ機能使うほうがおすすめです。シナリオジャンプもスキップもデフォルト設定だと未読で止まります。

バグというバグはなかったように思います。

■総評

定評のある「動きのあるSD絵」は今回も秀逸。キャラのかわいさが前面に出ていてよろしい。

何よりも驚いたのはヒロイン全員にルートとエンドが存在したこと。「あぁ今回もメイドさん攻略できないのか。ちびっこてんてーもダメか…」と思った矢先のことだったのでちょっと衝撃的。AXLGJ。

ただそのせいなのか、総シナリオボリュームがえらく縮小している感がしました。物足りなさというか…あれ? これで終わり? みたいな。

特に共通が物足りなかったかも。歴代に比べて一番短いんじゃないのかな。

何とはなしにAXLの伝統…流れ的なものが前回のかしましコミュニケーションぐらいから変わってる気がしないでもないですけども。それでも信者ですから! 面白いですからAXL!

そろそろ再び女装モノに行ってもいいんじゃないでしょうか…ナシですかそうですか。

王道シナリオなので、万人にオススメできるゲームかと思います。パロネタ少ないしね。


以下、ネタバレ入る感想。

汐理てんてーLOVE。わたわた感が狙いすぎなところもあるけどそれでもいい。

メインヒロインの結衣ですけど、ツンデレなのはデフォルトとして、ドS設定がよかったですね。最近あんまり見ないですね、幼馴染設定でドSって。だがそれがいい。

たぶん…というか、AXL系統で出てきている「アイギス」って、これの…と思ったりもしたんですが、いかんせんマラソン中で頭がはっきりしておらず、真相は闇の中。まあ、恋楯設定はAXL現代舞台のなかで多用されてますから、あながち間違いじゃないとは思いますが…。

そのほかのヒロインは並、かなぁ…。もうちょっと丁寧に描写してもいいんじゃないのかと思うところは多々ありましたね、乙葉の心情描写とか、教官の過去とか。話の流れが急すぎるところも結構見受けられました。

コンシューマー化の時に加筆修正を期待かなぁ…。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。