スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリズム☆ま~じカル ~PRISM Generations!~ レビュー

ぱじゃまソフトのプリズムシリーズ最新作です。前作プリズムアークをやり込んだ豊さんとしては結構期待してたり。
■全般的に

豊さん的オススメ度はC+。期待をズバッと裏切られた感が…。

女装魔法少女のバトル物。舞台は現代日本でファンタジー。バトルパートあり。このバトルパートは結構頭使うし面白かった。敵をハメて俺TUEEEEEEEEEも可能。ちょっと頭使いますけど。

一番最初に感じた違和感は立ち絵。ちょっと前に立ち絵の完成度が群を抜いている星空へ架かる橋とかやってたので、余計に違和感を感じてしまいました。肩幅広すぎの頭でかすぎ、手足細すぎ。一枚絵のほうはそうでもないのですが…。気にならない人は気にならない程度だと思いますが。

一枚絵自体は流石ぱじゃまそふとだけあって「ぷに」感が秀逸。ぷち姫とかは特に。

魂の叫びは…んー…強いて言うなら

ムツちゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!

危険が危ない。以下詳しく。


■設定・世界観に関して

ある場所に封印されたプリズムを「守人」となって襲い来る敵から守り抜く、というのがそもそものスタンス。

ウリとしては主人公が「女装」魔法少女という所があったハズが、ぶっちゃけそれに関する描写は薄く、それよりも「オジサン」魔法少女のネタの方が強烈過ぎて印象に残らない。やっぱ女装はばれるまでが醍醐味だよね。そこらへんあっさりしすぎててマイナス。

一応近作は、プリズムハート・プリズムアークとは独立した設定になっているものの、前作のBGM使いまわしてたりしてます。設定や物語上では名前が出てくることは無いものの、どうしても前作を思い起こしてしまいます。

で、比べてみればヒロイン数も減少、バトルパートも変更、そもそもボリュームが大幅減。むぅ…。


■攻略について

難易度は普通。

バトルメインかと思いきや、選択肢も相当数あります。というか、オプション画面でバトルスキップできるのには吹いた。まだ戦ってない敵までスキップできるのはどうよ。そういう意味では結構ヌルい仕様かもしれません。

ただし、ハードモードで最高評価を取ろうとすると結構難しい。そもそも、きちんとチュートリアルを見ていないとルールの把握が大変。簡単そうに見えて、結構先を読まないと最後の方ではあっさり負けたりします。

オススメ攻略順は特になし。ルート間での設定矛盾も無いので、比較的すんなりと攻略できるはず。


■シナリオについて

純粋な量でいえば普通ですね。攻略時間はバトルを抜きにすれば多分10時間前後でしょうか。バトルありでプラス3時間かそれぐらい。

展開の起伏が少ない穏便王道派。予想を裏切られる伏線などはほとんど無く、期待通りの展開が楽しめます。

ですがやはり女装ネタが薄かったのが残念。笑えるポイントとか萌えるポイントとかもあるにはあるのですが、シナリオの力というよりは、声優さんの演技力の方がウエイト高かったように思います。

ただし、ヤキモチ描写については満足ですかね。基本的にハーレムなので、くっついた後のヤキモチ描写は必ずありますので。


■キャラについて

ううむ…悩む…。

シオネ>>>>>>プチ姫=イブキ>>>>ユリ>>トモキ

豊さんのツボに入らなかったのですよ言うならば。オマケにシスターのシナリオは一番ボリュームが少ないというか完全にオマケ扱い。酷い。

サブキャラとしては、八鹿姉妹、天使連中、フーカ、先生とオイシイ存在が多数。むしろ、先生に関しては何故ヒロインにしなかった。


■システムについて

特に問題ないように思います。頭使うのが苦手ー、という人はバトルスキップがありますし。選択をミスったらバトルの最初に戻るのも楽ですし。

ただし、バトルの読み込みには少し時間がかかります。ウチの廃スペックPCでも長いときには10秒ぐらいかかったので、前作ほどではないにしろ、そこそこ読み込みがかかると思った方がいいです。


■総評

可もなく不可もなく。致命的な点も無く、特筆するべき点も無い。なんだかんだいって、完成度は高いと思います。

ただ、歴代名作…プリズムアークとかプリっちとかくるくるとかと比べると、どうしても見劣りする感が否めません。逆に前作までの完成度が高すぎたといういう話もありますが。

シナリオを重視するにしても…あまり恋愛描写を重視しているわけではないのが。どちらかというと、話としての完成度を高めようとしていて、恋愛感情置いてきぼり感が。

んー…消化不良気味です…。



以下ネタバレがあります感想ー。


ムツが可愛すぎる件。でかくなんぞならんでよい。そのままの君でいて。

というか、なんとも薄味な設定だったように思います。物足りない感が。

話のエンドもみんな笑顔のハッピーエンドというやつがなかったのが今一つ。ご都合主義でもいいから、TRUEエンドでも作って欲しかったのが本音。

ただ、「子供の前で親が泣けるかッ!」は名言ですねぇ。話としてはかなりしっかり作ってあったものの、熱量不足。萌え不足。小説にしたらいいかもと一瞬思ってしまったり。

先代の守人たちの話ももう少し突っ込んで話して欲しかった。後、エンディング後の後日談も。んー書けば書くほどボリューム不足だなあ。

ファンディスク補完もちょっと難しそうですし…。ぱじゃまは結構な確率で作ってくれますが。

今後に期待、ですね。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。