スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紳士への道

不在届ってあるじゃないですか。あの、荷物持ってきたけど留守だったからまた来ますよ時間教えてください的あれですよ。たまに家にいるのに不在届入れられちゃって、さぁ出かけようかっていうときにドアの隙間からはらりと落ちる不在届を見て意味も無くブルーになることがあるんですけど、というかチャイムが聞こえないレベルでなにをそんなハッスルしているのか自分では不明なんですが、直近では某大作番長ゲームに夢中になっていて気がつかなかった記憶があります。だって今度某大作帝国ゲーム発売されるしね。コレ買いですよ買い。

この度またしても不在届が我が家のドアに鎮座しておりましてですね、今回は豊さんの名誉のために言っときますけど、普通に仕事帰りに挟まってたからね。仕事でぼろぼろになって帰ってきて、無意識のまま郵便受けを見たら、ぺろんって紙が出てたから日本郵便の。ある種の卑猥ささえ感じました。

で、そのまま、おもむろに郵便受けから引き抜いて、どうせ今日遅いし明日会社から手続きすればいいやーと、鞄の中に放り込んだんですね。もうすでに社会人としてあるまじき公私混同ぶりですが、そこはそれ、日本郵便なら普通に業務で使うしね。不自然じゃない。コレ重要。

そしてすっかりその存在を忘却しておりまして。具体的に言うと「つむぎ先輩さいこおおおおおおおおおおおおおおッ!」と夜中に絶叫していたら隣の家の人にキレられてペコペコ謝罪事件があって忘れておりましてですね、次の日会社で鞄を開くまで忘れてたんですよ。何やってるんですか豊さん。

もうすでに当日の受付は終わっていたものの、このところ帰宅時間が遅めで、平日は諦めた方がいい。それならば休日の朝にしてもらった方がモーニングコールもお願いできて一石二鳥です。というのも、どういうわけか日本郵便さんの豊さんの住居区域の担当さんが、若い女性の方なのです。休日の朝から女の子の声でモーニングコールとかいいじゃないですか燃えるじゃないですか。なんらかのハプニングを期待してしまうじゃないですか。

そういうわけで、デリを頼む大学生のような慎重さで、いそいそと職場の電話から日本郵便に掛けたんですね。…なんですか。宅配頼む大学生がおかしいですか変ですか。デリはデリバリーの略ですよ。だからなんですか、配達員が女性なだけですよ。下ネタ? ハハッ。イギリス紳士として名高い豊さんがそんな露骨なことするわけないじゃないですか。用意するもの? お金だけですよ。最近のはちゃんといろいろ持ってきてますからね!

…話が全力で脱線したので元に戻すと、とにかく再配達をお願いするために電話したんですね。機会音声に従ってスタッフのお姉さんにつないでもらったのですよ。

「再配達お願いしたいんですけど」
「はい、再配達ですね。ご住所とお名前をお願いいたします」
「○○です」
「では、不在票に書いてあります、11桁か13桁のお荷物番号をお願いします」

お姉さんの言葉によどみなく答える豊さんは、どこの誰が見ても紳士。多分そこいらで文庫本片手にカフェでお茶してるような女の子なら一発で落ちる。なんかもう視線だけでハートが盗める。多分今ならルパンにも勝てる。

「えーっと×××です」

ノータイムで数字を読み上げて、一瞬違和感に襲われる。ん? なんか違う。

「お客様、そちらの番号ではなく…不在票に張り付けられているシールに記載されている番号の方です」

お姉さんの言葉に凍りつきました。

その瞬間、機能の出来事が頭にフラッシュバックします。昨日は仕事でふらふらだったから、結構いらいらしてた。で、不在票も力任せに引っこ抜いた。なんか軽い手ごたえがあったと思ったら、不在票に張られてるシールがはがれる手ごたえだったのか! この不在票に微妙に破れたような後があるのは、シールを剥がした跡だったのかッ!?

というかですね、何年生きてるんだと。何回不在票手にしているんだといいたい。気づけよ。電話かける前に気づけよ。

と、自己批判しても始まらないので、正直に話します。やっぱルパンにはなれない。

「すいません、シールがはがれてるみたいで…」
「あ、そうですか…それはご迷惑をおかけします。申し訳ありませんでした」

いや、確実にこちらのせいですお姉さん。

「では、配達日時と、中身が分かられば教えていただけますでしょうか」
「はい、昨日の夜で、なか……」

……中身、だと?

いや、中味は分かっている。配送業者はアマゾンだ。自分が頼んだんだから中味は分かりきっている。これ以上ないくらい明確だ。

『エロDVD』

いやね奥さん、聞いてくださいよ。ちょっと問答無用に白い目で見るの止めて聞いてくださいよ。別にね、豊さんはやましい気持ちがあってDVDを買った訳じゃないんですよ。今日びね、レンタルも廃れてきてるようなエロDVDを購入しますか? しませんでしょ? 今はね、インターネットというものがありますからね。動画だって落とし放題。別に外に行かなくたってその手のものは入手できるんですよ。そんな現代にあってね、DVDを買いますか? 買わないでしょう? あれはね奥さん、事故なんですよ事故。豊さんはアニメのDVDを買ったはずなんですよ。だけどもね、注文を改めて確認してみたらね、なぜかお子様お断りのDVDがかごに入ってるんですよ。そうなったらね、一度手に取った聖遺物を戻すことができますか? できないんですよ。そう、それは事故なのです。不幸な事故。例えるならば人身事故ですよ人身事故。しかも保険に入ってない車とのね。ホント、自分のみを守るのは自分しかないってホントだよね。怖いわー。現代社会怖い。

と、不幸な事故によって豊さん宅に届けられる予定の爆弾なのですが、さすがにここで口に出して言うわけにはいかない。いや、別に出してもいいんだけど、電話口のお姉さんが絶対に引く。豊さんの今のイメージはイギリス紳士なんですから。そのイメージを壊すことは、全国にお住まいの子猫ちゃんたちが悲鳴を上げる。それだけはなんとしても避けなければならない。…でも、このお姉さんに言わせて見たい気もする。あ、ヤベ。そういうのもありだなうん。

てか、ぶっちゃけ「DVD」とだけ言えばいいんですけどね。別に中身を覗いて見る訳じゃなし外見だけ分かればいいんですから。ですが、そのときの豊さんにはそこまでの余裕がなかった。結構目に見えて切羽詰ってた。具体的には、仕事場からかけてるもんだから、なんか無言の圧力まで感じるようになってきてた。

「えーと、いや、あの、こう、映像写すヤツです。これくらいの」

で、気がついてたらなんか口走ってた。なんだ映像写すヤツって。機会音痴のご老人でももう少しましな言い方するぞ。おまけにこれくらいってなんだこれくらいって。
受話器を方ではさんで大きさ表してる図はただのかわいそうな子でした。

その様子が電話口にも伝わったのか、お姉さんは少しトーンダウンして、「分かりました」って言ってた。分かるわけねぇだろお前エスパーか! とは口が裂けても言えませんでした。だってほら。紳士だから。

その後、滞りなく手続きは終了して、無事に荷物は手元に届いたのですが、まさかのDVD別発送。全豊さんが泣いた。普通に参考書だけが入ってました。…参考書とエロDVDを一緒に注文するのもどうかと思いますが。

皆さんは、不在票を引っこ抜くとき、ちゃんと丁寧に、いたわるように、優雅に、美しく、そして華麗に引っこ抜くことをオススメします。引っこ抜いた後にステップターンとか決めると文句なしです。そんな勢いで抜いたら多分シールはがれるどころか破れそうな気がしますけど。

ほらだって、紳士だもの。ぼくたち。
スポンサーサイト

コメント

No title

>「つむぎ先輩さいこおおおおおおおおおおおおおおッ!」と夜中に絶叫していたら隣の家の人にキレられて
なにをやってるんだおまいはwww隣って例のモンスターか?
それとも隣の「部屋」じゃなくて「家」になってるから別の人か?

後半さらに吹いたわ。変態紳士乙。

No title

例のモンスターですよ。いや、クリーチャーだけど。何で言いなおした今。

変態紳士じゃねぇって。よく読めって。ナイスミドルなイギリス紳士の風体が浮かぶだろ?

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。