スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうだ、大阪に行こう

と言うかですね。いつの間にやら10月に入っていまして、今週末は大阪に行かないといけないと言う事実に昨日気がつきました。

いや、大阪に行くって事は分かってたのですが、それが今週末のイベントだと言うことに気がついていなかったのですよ。ここら辺に豊さんの大変残念な脳ミソの所以があるわけですがそれはそれとして、まさか自転車で大阪に行くわけに行かないのでどうにかして交通手段を調達しないといけない事態に落ちいったのです。

最悪バイクで大阪まで行っても別に構わないんですが、流石に大荷物になるのは分かりきっているために出来れば回避したいところ。そもそももう結構寒いんですよ。こないだ真夜中に松江までふらっと行ったときは死ぬかと思った。もう半袖の時代は終わりを告げて、むしろウインドブレーカーの台頭する冬の時代が到来したのですよ。ていうか週末雨じゃん。

生粋のMな豊さんとしては、ここまで悪条件が重なると逆に食指を動かされるんですが、流石にそれを実行してしまうと、大阪で出会う初対面の方々にどん引きされてしまいます。「豊さんキモイ」「豊さん死んで」「いっそ生まれてこなければ良かったのに」とかいうスパイシーなメールが豊さんのメールボックスを侵食するのは目に見えていますからね。

まあ、侵食されるといっても豊さんのメールボックスは、日に500通のメールをさばききる、一騎当千の猛者ですからね。そんなメールなんかへでもないぜと思うんですが、500通のうち495通ぐらいはそのまま迷惑メールボックスへと送られますからね。それで残りの5通に「豊さんキモイ」とかいてあるわけですよ。いくらMとはいえ流石に心が折れてもおかしくない。そんな事態を回避するために、どうにかして交通手段を確保しなければならない。豊さんの心の安息のためになんとしてでも!

で、豊さんご存知の通り本州の辺境に住んでいるので、大阪まで行こうと思うとそれなりにお金が掛かります。新幹線ならば往復2万円、飛行機なんて使おう物ならば5万円ぐらい取られるんじゃないか。使ったことないから知らないけど。

そうなると選択肢は限られてきます。青春18切符か、高速バスか、車で行くか。車は便利っちゃ便利なのですが、駐車場代が高い、てかそもそも持ってない、実家の車はいつの間にか鮮やかなレッドのアイシスになっていて、「借りていい?」なんて訊こうものなら笑顔で釘バットもって追い返されそうな勢いですので却下です。レンタカー? そんなもん知らん。

それで18切符は適用期間外となると、残る選択肢は高速バス。こいつはいいですよ。往復で一万円切りますし、電車と違って乗り過ごしてもそこまでのダメージはないですし、所要時間も片道4時間弱とギリギリ腰が痛くならない時間設定がなされています。まさに夢の乗り物です。高速バス万歳! たまに警察に捕まって予定が押すけども。

が、問題は席数に限りがあると言う点です。これが18切符とかならば電車内乗車率200%越えとか、数学的に頭悪い数字をたたき出すことも出来るんですが、如何せんバスは全席指定席。取れなかったが最後、乗ることが出来ません。

さらに悪条件なことに3連休の初日。こりゃ無理だと。今から取りに行っても間に合うわけねぇと普通の人なら考えるのですが、そこは豊さん、伊達に高校時代から高速バスに乗り続けてはいませんよ。あらゆる手を駆使して高速バスのチケットを手に入れて見せます。

まずはですね、ダメ元でコールセンターにかけるんです。どう考えても空いてねぇだろっていう時間帯を

「ハイ、空いています」

…あれ。

え? 三連休なのに? 空いてんの? 「フゥ…この連休も和也は仕事か…それに遠距離じゃ会いに来るのも一苦労だしね…」「(ガチャ)晴香!」「か、和也!? 何でここに?」「ふ…驚かせようと思って前々から高速バスを予約していたんだよ!」「嬉しい!」「晴香!」「和也!」で始まるラブシーンとかないの? あれ?

盛大に肩透かしを喰らったわけですが、まあ、取れたので良しとします。うん。おかしいなぁ…ここで豊さんのえげつない高速バスチケット取得法が披露出来ると思ったのに。おかしいなぁ。

で、棚から牡丹餅と言うか、落ちてきたのがあんこはあんこでもこしあんだったみたいな微妙な肩透かし感を味わったんですが、ともかくこれで交通手段は整った。次はバスの乗車中に何するかですよ。

ここで、日頃会社のために家族のために働いている企業戦士の皆様は「移動中ぐらいゆっくり寝るべ」とか「4時間、ちょうどいい昼寝タイムじゃないか」とかのたまった上に、アイマスクして、いびきをかいて寝始めるわけですよ。なんとも合理的ですね。今から遊びに行くのだし、少しでも体力を温存、出来れば回復しておこうというその合理性が見え隠れします。

そりゃね、豊さんだってそう思いますよ。別にいびきがうるさいとか文句言うわけじゃない。むしろ隣に座ったきれいなお姉さんがアイマスクしているのを見ると何かこう、公共の電波に乗せるのをためらうような感想を抱かずにはいられないわけですよ。手の届くところにパライソがあるわけですよ。ですが豊さんはあえて主張します。移動中に寝る。果たしてそれは楽しい旅の始まりなのでしょうか。

帰りならまだ分からないでもないんですよ。楽しい旅を終えて、はしゃぎすぎて疲れ果てて寝る。大いに納得できます。きっと彼の胸にはいつまでも色褪せない思い出が残ったことでしょう。それに、もしかしたら隣に座っているかわいい女の子が眠りこけちゃって、肩に頭を預けてくるなんていうもう心の中で大車輪の如くテンションが上がるイベントが発生するかもしれません。ですが気をつけないといけないのは、テンション上がりすぎて気を失って、二人して駅を乗り過ごし、見たこと見ないような駅に放り出された上に「何で気がつかないのよ」「お前だって寝てただろ」「何よ!」「なんだよ!」と言い合う男女、だけどよく見れば二人とも頬が赤い。そう、二人は別に後悔なんかしていなかったのだ。降りるべき駅が過ぎたのは分かった。でも、起きてないみたいだし、もう少しこのままで…。よし分かった、二人とも爆ぜろ。

とまあ、こういうこともあるかもしれないんで、やっぱり個人的には寝るのはオススメしないと。しかも行きから寝るとか一体どういう了見なのか。今から向かう先は、お前が待ち望んだアヴァロンではないのか。

豊さんなんかはもうテンション上がるのが目に見えていまして、幼稚園のお泊り保育の時代から徹夜というスキルを身につけていた歴戦の猛者ですから、テンションの上昇率に関しましては自信があります。

まあ、徹夜なんてしないに越したことはない、きちんと寝て、きちんと起きて、その一日を万全のテンションで満喫する。それが旅の正しい楽しみ方ってヤツですよ。無理をすれば必ずどこかでゆり返しが来る。それが世の中の摂理ってヤツですね。

その理論で行くと、やっぱり本来寝るべきではない時間帯に寝てしまうと言うのは、どこかで揺り返しを起こすのです。まあ、寝過ぎで不都合が起きたってのはあんまり聞かないんですが。とにかくもったいない。非常にMOTTAINAI!

というわけで、さぁなにをやろう。本を読むのもいいな、音楽を聴くのもいいな、ゲームをするのもいいな。制限つきとはいえ、何もしなくてもいいという貴重な時間を手に入れたわけです。

これは何か有意義なことに使わなければならない。これは絶対条件です。本音を言わせて貰えば、心行くまで普段チェックできない大人サイトを見て回り、至高の一品を探し回ると言うココロオドル冒険の旅へと船出したいのですが、生憎とそこは高速道路を走る車内です。回線強度が心許ない。

そうすれば何か。iPodに入れるだけ入れて鑑賞できていない、最高にゴキゲンな動画を干渉するか。個人授業とか、夜のナースステーションとか、なんとも目を奪われる単語の羅列を見ながら考えるものの、流石にそれはいただけない。社会人として、公衆の皆様に迷惑をかけるわけには行かない。公衆プレイはまだレベルが足りない。せめてアニメだ。それもどうかと思わないでもないが。

まあ、一番ハードルが低いのはコンビ二の雑誌コーナーの大体左端にある本の黙読な訳だが、生憎と微妙な日程のため、お気に入りの発売日と重ならない。

これはどうしたものか。

そう、その思い悩む姿はまさしくロダンの名作考える人。思い悩むその姿は、一種の郷愁すら感じさせ、深く刻まれた皺は思いの深さを、固く結ばれた口は豊さんの苦悩を示しています。

まあ、ここまで大層に書いといてなんですが、そこは頭の中身はピンク色、思考の土台はお花畑と言われる豊さんの思考回路です。ていうかね、前提条件として日々修羅場を潜り抜ける企業戦士を対象としてますからね。日々暇つぶしを探すことに躍起になってる豊さんとは根本が違いますからね。こないだだって普通に勤務時間中にエロ本買いに行ったし、欲望にかなりめに素直ですからね。ぶっちゃけ空いた時間に何しようと後悔も何もありませんよそんなもの。何せ今度の休みに「24時間耐久ゲームマラソンやろうぜ」とか、普通の社会人が聞いたらもう完全に汚物を見るような目で見られるようなことを平気でのたまってますからね。フリーダム過ぎる。

と言うわけで、普通にポケモンとかしようと思います。うん、それがいい。


PS:紅楼夢行きます。ぬ-15aにいます。皆でなじってください。喜びます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。