スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合宿報告。

皆さんこんばんは。海にいったはいいものの、代償に体中を蚊にかまれた豊です。朝起きたら足がものすごく痒くて30分ぐらい無心で掻いてました。…何してるんだろう、俺。

でも、きれいでした! さすが映画のロケで使われただけあって、見事なコバルトブルー。沖縄の海に匹敵する透明度でした。…映画見てないし、沖縄に行った事ないですけど(ぁ

そして、そのきれいさに感動して、これでもかってくらい泳ぎました。それこそもう浮き輪とかゴーグルとか無しで、平泳ぎでマジ泳ぎ。周囲の海水浴客には迷惑この上なかったんでしょうがw 小さいころに水泳やってて、泳ぎは得意だったんですけど…さすがに何年も海に行ってないと衰えますね…昔は3キロぐらい普通に泳げたもんですが。それともはしゃぎすぎたのか…とにかく疲れました…。

しかもしょっぱなに飛ばしすぎて浜で休んでいると、先輩に遠泳勝負を持ちかけられ、負けたほうが今回のバーベキュー肉なし…ってオイ! そんな馬鹿な話があるかッ! 負けてたまるかってんだよ! どりやぁぁっ!


……ええ。負けましたともさ。

さすがに疲れてたのか、それともその先輩のスキルが高すぎたのか…とにかく負けました。完敗ですorz

さすがに肉無しは辛すぎるんで、かまど係に任命され、ひたすら炭を見張る役に。まあ、アウトドアは得意なんで、難なくこなせましたけど。

「火、起こせましたよー。材料できましたか?」
「やるじゃんかw こっちもできたぞ! 持ってくの手伝え」
「はーい…? え? なにこれ?」
「なにって…みりゃわかるだろ。ウニだよウニ。ほれ、醤油」
「え、いや、ウニ…買いましたっけ…?」
「買ってないよ?」
「は?」
「さっきそこで獲った」

そして指差すは、角島の海。ウニと海を見比べた後、

「大リーグボール!」
「あ! 何すんだこらッ!?」
「罰ゲームとか言って食べさせる気でしょ? その手には乗りませんっ!」
「ちっ…」

さすがにほんとに食べる気はなかったのか、比較的素直に引き下がってくれましたが、次に差し出されたものを見てまたもや唖然。

「な…なんですか…これは」
「あ? 肉だよ。れっきとした牛肉だよ」
「いや、そうじゃなくてこの量は…」
「ざっと5キロか。何とかなるだろ?」
「5キロ?! 今日は12人ですよ? それに男は4人だし! 一体一人何キロ食べさせる気ですか!?」
「男は一人1キロは食べるだろ。それに○○は男ぐらい食いそうだし」
「そういう問題じゃ…」
「だれが男みたいに食べるって?!」
「ぐは!」

しゃもじで頭をはたかれる先輩。想像するに、ものすごい痛そうなんですが。

「いってー……」
「先輩が悪いです。にしても、どうするんですか? この肉…」
「だから食べるんだって」
「無理です! 魚や野菜だってあるんですよ!」
「フランス人はそれくらい食べるって…」
「なんで基準がフランスなんですか!?」

結局、他のキャンプ客の人にあげたりして、なんとか消費することができましたが。この先輩の常識を今度正しておく必要があると思いました。でないと、余計な出費に加えて、楽しい時間が修羅場になること必死です。

波乱のバーベキューの後は花火でした…が。ここでも問題が。

いきなり。

「よっしゃ。ロケット花火いくで」

そんな馬鹿な。

そんなツッコミをする暇もなく、ノリノリで火をつける先輩たち。いつの間にセッティングしたんだというか、なんで全包囲攻撃可能で、自分たちだけ円の中、安全地帯にいるのか!

「ちょ…!」
「点火ッ!」



本気でビビりました。

そのお返しに「食らえ! ドラゴンバズーカ!」ってやったら蹴られました。納得いきません(爆
※ドラゴンバズーカ…打ち上げ式というか、吹き上げ式の箱花火『ドラゴン』の導火線をつないでバズーカ状にした禁断兵器。攻撃する側にも常に危険が付きまとう。初心者は暴発に注意。

まあ、その後は何の問題もなくいったんですけど…最後に先輩が打ち上げ花火を頭の上に固定して、火をつけてました。…なんともなかったのが本気で不思議です。ていうか、誰か突っ込めよと。


その後はテントにて怪談話。そしていつの間にかコイバナになって気がついたら午前2時。そして突如として肝試し大会が勃発。それはいいんですけど。

なんで俺が脅かし役?!

普通男女ペアでしょ?! んで、男4人と女8人なら女の子4人が脅かし役に回るんじゃないの?! 何で俺?!

とまあ、こんな不条理が簡単に通ってしまうのがうちのクオリティ。間違ってる…orz


そして、肝試しをうらみつつ眠りにつくと、ものの2時間で起こされました。

「っしゃーー! 海行くぞーーーー!」

先輩の大絶叫で起きて、携帯を見ると6時。この人のバイタリティは一体どれだけあるんだろう。。。遊泳は8時半からですよとか、海パンまだ乾いてないんじゃとかいろいろ言いたかったんですが。何も言わずに二度寝。さすがにそこまで体力ないです…。

そして結局その先輩は6時から13時まで海パン一枚。ほんとにどういう体の構造してるんでしょう…。小型核融合炉でも搭載してるんじゃないかと最近思ってます。


そして。最後の難関『帰り道』。

「よー。誰が運転するん?」
「…………」

皆さん寝ぼけ眼でまぁw誰も帰りのことを考えてなかったという。核融合炉はここに来て完璧に機能を停止。使えねぇ!

そんなんで高速乗るなんて完璧に命取り。だけど帰らなきゃいけない…。

結局SA・PAフル活用で、走行中は全員で歌を歌い続けるというどこの根性比べだよそれとかいう結論に。運転手と助手席のやつ以外は寝て、交代するようにしたほうが結果的に安全なような気がするのは俺だけですか?

とまあ、4時間かけて生還。学校についた時はみんな声が枯れてました。でも、生還できてほんとによかった。。。



以上で合宿は終了。いったのは山口だけど、お土産は博多のものばっかり(SAで買った)という、情緒もくそもない青春合宿でした。たまにはいいもんですね。

え? もう一回やるかって?

ゴメン。ぜってー無理。






そうそう、ブログのレイアウト変えてみました。これならバナーが貼り付けれます。
たぶんどんどん増えていくかと。ハズレは載せませんのでよかったらどうぞw
ちなみにほとんど18禁なんで、18歳未満の方は自粛してくださいね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。