スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リリカル♪りりっく ゲームレビュー

ちゅうわけでま~まれぇどさんのリリカル♪りりっくクリアいたしました。結構前に。

例大祭にお出かけしてる間のネタにしようと思って温存。計画犯ですよ。

では行ってみましょうか。いつもどおり意味なく偉そうなレビューの始まりですの。
■全体的に

豊さん的オススメ度はB-。

攻略対象キャラは大きく4人とおまけで1人。シナリオ量もそれなりにあったと思います。

ただまあひとつ言わせてもらうならですな、

何で大道寺さんが攻略できねぇんだよ?!

いつものごとく魂の叫び。いやいや。それはないでしょうあなた、って話ですよ。

物語は歌を中心に展開する魔法少女の物語。一番違和感感じたのは、わざわざ魔法使い風にする必要性があったのかどうかという点。別に変身とかしなくても物語の進行には大きな支障はなかったんじゃないかと。というより、変身のカットインは必要だったのかと。どうもプロットに遊びの部分が多すぎた感が否めません。

また、話の展開も急展開だと感じることが多々。いやいやそこそんなさらっと流しちゃっていいんですかみたいな。僕はシナリオ量と物語の重要度を比例させるタイプですから、クライマックスの戦闘シーンの尺が、日常の笑いを取るためのコマより尺が短いなんていう事態になると違和感が生じます。僕だけか?

ともかく詳しく見ていきましょう。


■世界観・設定について

シナリオが進むと、ひとつの異世界が舞台として登場するのですが、この世界の説明は登場人物の会話のみですまされています。そこまで世界情勢などを問題として捉えていないので、問題はないのですが。異世界側に住む人間を攻略する際にも追加で説明されることがほぼないので、プレイヤーの想像による比率が多くなっています。まあ、普通のファンタジーと捉えれば問題ないかと。豊さんみたいにひねくれていると、これはどうなってるんだろう…と気にもなったりしますが。

とりあえず基本的な舞台は現代日本なので、説明不足による物語の難解さを招くということはほぼないといっていいでしょう。

題目にもあるとおり「歌」を魔法として捉えて話が進行します。主人公はその歌を管理する人間なのですが…クロノグラフのくだりとか、別にいらなかったんじゃね? と。いや、あるヒロインの話で複線回収されますが。

キャラの性格設定については…まあ、王道な物語が好きなま~まれぇどさんらしい配役になっていますね。しかし、あんまり脈絡なく主人公にデレだすので注意が必要。特にクゥの心情変化はすごいと思う。そうくるか…って感じ。一番違和感なかったのはやはり七音か。

そしてまた例によって例のごとくサブキャラがいい味出してます。最近思うんですが、非攻略キャラって味付けが全体的に濃いですよね。それがいいんですけどってなにいってるんだ僕は。とりあえず大道寺さんオンリーファンディスクを出せ。


■シナリオについて

シナリオ量は十分あります。共通ルートとのバランスもいい感じですが、若干プロローグが長いかと。プロローグとして切ってもいい場面は多くあったのに、思わぬところでOPムービーでした。

上にも書きましたが展開が速いと感じるかもしれません。特に共通ルートから個別ルートに入るところで、デフォルトに対主人公好感度が一定値を超えて急接近するキャラがおり、戸惑わせてくれます。

各キャラのシナリオによってエピローグの要件が異なってきますので、マンネリ化した物語を繰り返すといった事態にはなりません。敵キャラ出番ないシナリオありますしね。しかし反面、そのキャラが重要視していない問題は案外さらっと流されちゃったりします。あれ、いつの間に解決? みたいな。

シナリオの完成度を僕の独断で決めるなら…うーむ…これは甲乙つけがたい。。。ので、好きなシナリオで並べるとアリア、ともえ、鈴、七音、クゥの順ですかね。あくまで豊さんの個人的嗜好に基いた結果ですが。


■攻略について

難しい選択肢はありません。分岐点はそれなりにありますが、ガイドマスコットもついてますし、浮気しなければ確実にお目当ての娘のルートに入ることが可能です。

ただ、一部のキャラについては他のキャラのクリアが攻略要件となってますのでご注意を。全キャラクリアすると、まとめのアフターストーリーがメニュー画面に出現します。


■グラフィックについて

個人的には好きな絵柄。一枚絵は多くないですが、立ち絵の種類は多いかと。完成度高し。

そしてとりあえず大道寺さんの一枚絵を増やしなさい。ミュゼットでも可。


■キャラについて

あまり「これはツボだ!」ってキャラはいませんでしたね。良くも悪くも予想の範囲内でキャラが動いてましたし。まあ、王道ストーリーなんであまり逸脱されても困りますが。

大道寺さん…(しつこい

男キャラも結構いい味出してました。ともえルートでの剣崎&白鳥コンビは必見。


■音楽について

あまり印象に残る曲は…。コミカルな曲が印象強いかな。逆に、戦闘シーンに使われる曲のテンポがもう少し速いものだとよかったかも。

SEとか気を配ってるのがよく分かります。固定絵で戦闘を表現するところはFateに似てる気がしなくもない。


■システム・スペックについて

問題なし。ディスクレス起動可能。セーブロード機能も充実。。。と言いたいところだが、セーブデータ管理画面への移行が少し重い気が。僕のパソのスペック不足?


■まとめ

従来のま~まれぇど作品と比較すると、どうしてもイロモノ感が強い今作。豊さんてきにはこんねこが一番よかった(何の話だ

キャラが気に入れば買いかもしれない…大道寺さんが攻略キャラならば確実にB+にはいっていた作品。残念。

というわけで、やっぱりオンリーファンディスク出してください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。