スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄昏フロンティア 東方緋想天

昨日夜シャワー浴びたぐらいから原因不明の両足の鈍痛に悩まされております。

…TOSHIか?

さてさて。GW明けからこっちかなり忙しげな豊さんですが。今日も行ってみましょう。まだまだ有名どころですけどね!


黄昏フロンティア

黄昏フロンティア 
弾幕アクション対戦格闘ゲーム 「東方緋想天」


価格:2000円


高いと思うなかれ。

東方二次創作ゲームの大手、黄昏フロンティアからは、長きの沈黙を破って当方緋想天の発表です。

昨年のコミケ72で体験版が頒布され、東方萃夢想に続く第二の対戦格闘ゲームとして注目をあつめましたが、続く73では「パチュコン」を発表。製作の難航かと思いきや、無事完成したみたいで一安心です。ちなみにパチュコンはパチュコンでハマります。豊さんはあの小さいのがツボでした。

価格に関してですが、2000円とイベント頒布価格にしてはかなり高めの設定になっています。ですが、体験版をする限り、商用と比べても遜色がないレベルの完成度を誇っており、改めて黄昏フロンティアのレベルの高さを実感しました。

ストーリーはオリジナル。東方Project10,5という位置に設定されており、今回は異常気象をテーマに、霊夢そのほかが調査に乗り出す内容となっています。

体験版では本編開始の3日前の霊夢の物語をプレイすることが出来ます。対魔理沙、対アリス、対あややの3戦です。

プレイの感想としては、操作性は萃夢想に比べて自由度が高くなっている反面、萃夢想のキー操作に慣れていると、戸惑いを感じる場面も多々あります。具体的には萃夢想が肉弾戦主体で、緋想天は弾幕戦主体となっている感じです。

また、必殺技の使用に関しては、必殺技のカードで作るデッキを一人一人設定し、カードに書かれている必殺技をゲージ消費して使うといった具合です。

取説をまたしても読んでいないのでなんともいえないのですが、システム的には完成度は高く、デッキの構成により使える必殺技が変化するので、戦略性も高くなり、より対戦の面白みが広がったといえるでしょう。

今回はネットワーク対戦も標準装備されており、体験版でもネット対戦が可能となっています。ポート開放が必須になるみたいで、豊さんはいまだ成功しないのですが、この度UPnPCJというツールを発見しましたので、準備は万端です。

実際に対戦した人の話を聞きましたが、ストレスになるようなラグは感じられないとのこと。このあたりもポイント高し。

毎回、黄昏フロンティアの頒布物は委託されてからの競争率もかなりのものとなるので、ここは確実に会場でGETしたいところ。

長蛇の列必至。ご注意あれ。
スポンサーサイト

コメント

よし、黄昏もまかせたwww(お 前 と い う ヤ ツ は
2000円なんてむしろ妥当な金額だと思いますよね~
あの完成度なら。
某月姫格闘ゲーみたいにコンシューマ進出しないかしら・・。
でもま、本家が続く限り、このゲームもまだまだ進化し続けそう。

よし、俺もまかs(ry
ネット対戦はできそうですか?そんな自分は未だプレイしていませんごめんなさい。
いつも周囲の流れには後乗りする人でしたw

>レオさん
任されてもいいけど、その分任すよ?wwwww
完成度については素晴らしく同意ですね。あれはすごい。ただまあ、本家が同人から出る気配がないので、そのままコンシューマってことにはならないでしょうね。。。

>よんたん
…とりあえず3つぐらい買っとけばいいんだな。
ネット対戦何とかできそうなんだぜ。
アリス操作のコツは愛なんだぜ。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。