スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎かけ

今日授業中に友達がレポート書いてたんですよ。何でも今日中に提出するやつみたいでして、切羽詰っておられるようでした。

僕から言わしてみれば、締め切りがまだ来てない時点で切羽詰ってるとはいえないのですが、彼はもう泣きそうな顔で書く事がないって言うんですよ。

男の泣き顔なんて見るのは御免なので、レポートを見てみると、なるほど、微妙に尺があまってます。まあ、提出しても怒られるか怒られないかという微妙なラインなのですが、保険をかけておくことにこしたことはありません。

しかし、他人のレポートの続きを書くとかは至難の業です。いっそ僕が最初から書き直してやろうかとも思いましたが、それでは彼の頑張りがあまりに惨めなので、僕はこういいはなったんですよ。

「んじゃ、謎かけでもしてみろよ」
「謎かけ?」
「笑点とかであるだろ。~とかけまして~ってやつ。あれ」
「いやこのレポートと謎かけと何の関連性が?」
「だって書くことないんだろ?」
「そうだけど」

まあもちろん冗談だったわけなんですけども、彼は本気にしたみたいで、ほんとに謎かけを書いて提出しちゃったみたいなんですよ。

「アホだろ」
「アホって! お前がいったんじゃん!」
「いやホントにやるなよ。。。」
また騙された。。。。ッ!」

人聞きの悪い。

「で、なんて書いたの?」
「『文化人類学とかけまして』」
「ほう。一応関係するようなこと書いたんだな」
「『深夜アニメと解きます』」
「…いや、その解答はどうなのよ。まあいいけど。で、その心は?」
「は?」
「いやだから、心。何でそうなるの?」
「……」
「?」

「…答えって、俺が書くのか?

「なに?」
「え? 謎かけって、俺が謎を書いて先生が答えるんじゃねぇの? え? あれ? 俺が答えたら謎「かけ」じゃねぇじゃん?」
「……」
「あれ?」
「アホかお前は! 「謎」の部分は最初のくだりだけだ! しかもなんでお前が問題出す側になってんだよ!」
「だって。。。「謎かけ」って言ったじゃん」

先生、アホな子がいます。

フォロー不可だろ。また明日。


スポンサーサイト

コメント

ダメな子ほど可愛いといいますけどね(ぁ

>尺があまって
文字を大きくすればだいぢょうぶですよ(殴)

文字はデフォルトで大きいのがウチの大学のクオリティw

文系なんてそんなもんですよ( ´ ▽ ` )

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。