スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あめふり。

今日弟の部屋に入ったら、「萌」とでかでかと書かれた団扇が無造作に転がっていました。

弟よ。お前に何があった。豊です。

さて。昨日の僕はなんだったんですかね? あまり記憶がないのですが、何でも1週間ごとにおかしくなるみたいです。全くはた迷惑な話です。

それはそうとして、全く雨が止む気配がないですね。交通費が非常にかさんで豊さんは涙目なんですけども、本日なにやら面白い話を耳にいたしました。

いわゆる都市伝説というか怪談なんですけども、『あめふり』のお話です。

豊さん今でこそ形だけ法学部なんですけども、高校生の頃は民俗学、文化人類学なんかを学んでおりました。

あらゆる意味で形破りな普通科生徒だったんですけども、まあそのおかげで今の事務所に縁が出来て働かせてもらってるわけで。役に立ってるといえば役に立ってるんですかね?

完全に人生迷走風味な豊さんは、高校時代他にもバドミントンで活躍何の話だっけ?

そうそう「あめふり」の話だ。

童謡「あめふり」なんですけど、結構知らない人もいるみたいですね。その話をしていたU君は、みんなが元ネタを知らないので仕方なく熱唱してから話す羽目になりました。僕は知ってたんだけど(笑

まあ、とりあえず歌詞をどうぞ。


『あめふり』


雨(あめ) 雨 ふれ ふれ かあさんが
じゃの目(め)でおむかえ うれしいな
ピッチピッチ チャプチャプ ランランラン
 

かけましょ かばんを かあさんの
あとから行(ゆ)こ行こ 鐘(かね)がなる
ピッチピッチ チャプチャプ ランランラン
 

あら あら あの子は ずぶぬれだ
柳(やなぎ)の根(ね)かたで 泣(な)いている
ピッチピッチ チャプチャプ ランランラン
 

かあさん ぼくのを 貸(か)しましょか
君(きみ) 君 このかさ さしたまえ
ピッチピッチ チャプチャプ ランランラン
 

ぼくなら いいんだ かあさんの
大(おお)きなじゃの目に 入(はい)ってく
ピッチピッチ チャプチャプ ランランラン


はい、以上です。

別に普通の歌詞でしょ。おかしいとこないでしょ。

都市伝説としては「この歌の2番を夜に歌うと窓から女の子が覗き込む」というもの。

ありがちっちゃありがちですよね。

ちなみに、じゃの目。これ、傘の事ですね。わかりやすく言うと、いわゆる「からかさ」です。


あれれ?

なんかおかしいぞ?

皆さんご存知の通り、この「からかさ」、主に江戸時代において使用されていました。しかし、明治時代。文明開化のときに洋傘、つまり今現在使われるような傘が普及し始めました。

しかしこの唄。大正14年。詩人として有名な北原白秋によって雑誌「コドモノクニ」で発表されました。その後、教科書に載ったり、結構有名な曲として親しまれてきました。

「からかさ」の最大普及時はやはり江戸時代だといえます。ましてや明治をすぎて大正時代。近代化が急速に進む時勢で「からかさ」を目にする機会は確実に減っていた。

何故北原白秋は「からかさ」を歌詞に登用したのか?

まあ、一番有力な説は「語呂がよかった」。二番目は「詩的表現のため」。しかし、このような諸説の中で、明らかに異彩を放つものがあります。

「無名の作詞家が作詞した」

北原白秋が無名作詞家の作を採用した、アレンジした、盗用した、いろいろ表現はありますが、共通しているのは「原案(原詩)は江戸時代後期から末期に作成されたものである」という点です。

ですがそれにしてはカタカナ表記してある擬音部分が説明しにくくなってしまいます。そこで生み出されたのが

「擬音部分には子供に対して適切でない表現が含まれていた」

という説です。

当時発表された歌には盛んに擬音が使われています。そこにカモフラージュを見出し、元の歌詞を隠したのではないかという説です。


この歌は、その説によると、かさ屋の女主人とその子供、そしてそこの使用人の子供が出てきているとのことです。

迎えに来てもらったのはかさ屋の子供。使用人の子供は柳の木の下でぬれている。

使用人の子供の両親は迎えに来ない。

なぜならば。

そのかさを作るために使った油は、使用人を売り飛ばして買った油だったから。


そしてその使用人の子供が大人になり、この詩を書いた。

……というお話があります。

そんなわけで、楽しそうに2番を歌っていると、その子供がよってきてしまうというわけですね。納得!


というわけで都市伝説の解説でした!また明日。









でも、その説によると、一体擬音に隠された歌詞には、どんな言葉がつづられていたんでしょうかね?
スポンサーサイト

コメント

弟さんもそのうちここに侵出されるようになるのでしょうか(ぉ

そしてまあ、人間時々妙な行動をとることもあるので気にしないでくださいな。

>あめふり
五番まであるとは初めて知りました(^_^;;;

>隠された歌詞
実は締め切りに間に合わず、てきとーな擬音でごまかしたというオチだったりして(ダマレ

この時期、「締め切りに間に合わない」を禁句にしている人たちがたくさんいると思います。その人たちはお盆あたりに東京に集合すると思うのです。

意外とみんな知らないんですよね。童謡の歌詞って。まあ、口伝で伝えられたものも数多くありますから、仕方ないっちゃ仕方ないんですがw

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。