スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新鮮な卵も欠かせない

「許せないこと」というものがあります。


豊さんみたいな、死語だというのに「スチャラカ」とか、「パッパラパー」みたいな言葉が似合う人間でも、許せないことはあります。

というか、みんな多かれ少なかれそういうものを持って、ただまぁそれをあんまり表に出すような事はせず、いろんなことで折り合いをつけながら日々を過ごし、たまーに飲み屋で愚痴をこぼしてるんだと思うのです。

これがお酒の飲めない年齢だと、直接的な暴力に走ったり、他のことに逃避しちゃったりするんだと思うのですよ。

豊さんは思うのですが、近年の若者とか学生の極端な思考って、ここに行き着いてるんじゃないかなと思うのです。

他人の「許せないこと」を、自分の「許せないこと」と置き換えて、自ら道と視野を狭めていってる気がするのですよ。

豊さん文頭で許せないことがあるって言いましたけど、実のところそんないっぱいないのだぜ? のっぴきならない許せないことって、本当に少ないことだと思う。

そりゃね、小学生の通学路で歩きタバコしてる奴とか、満員電車で足組んで座ってる奴とか、蹴り飛ばしてやりたくなる時もありますけどね。けどね、それが自分の中の本当に許せないことかって訊かれると、ちょっと違うと思う。別にそいつらがいいとは決して思わないんですけど。

「社会通念上ダメなこと」と「自分が許せないこと」は似ているようで違うと思うのです。キリストも罪を犯したことのないものが石を投げよ、って言ってるぐらいですからね。

もっとマクロな視点で、あること一つに対して誇りを持って臨めばいいと思うのです。そしてそれが侵された時に、初めて怒れば良いのですよ。

これだけ情報化が進んだ社会で、人の考えが多様化する世の中で、だけどSNSなんかで、人の本質的な考え方に触れられる機会が多くなっている中で。「自分の矜持」を持つということはすごく重要な事です。

けど、それが本当に「自分」の考えなのか、それとも他人のこだわりや想いに共感してのものなのか、という区分けは必要だと思います。

他人のものを真似することが悪いとかそういう話ではなく、それならそれで全く構わないのですが、矜持を確立するだけの動機づけをきちんと行ってほしいと思うのです。

こだわりや矜持を持つ、っていうのは、確かに人生や考えに彩りや華を与えますが、その分、「幅」を失います。

それは、こだわり以外のものを切って捨てるということに他なりませんからね。

冒頭の話に戻りますけれども、それが「心の広さ」、要するに許せないことを増やしているように思うのです。

「許すべきではないこと」と「許せないこと」は、似ているようでどこかしらが違います。

そう、「許せないこと」というのは、もっと自分本位でいいと思うのです。ただしその数を沢山持っちゃいけない。

自分という存在をかけてまで、譲れないものというものは、たくさん持たないほうがいい。

「許すべきではないこと」をその分たくさん持って、日々を過ごせばいいと思うのです。



…ま、昔の豊さんはここらへんの切り分けがうまく出来なくて、右往左往した挙句いろんな人に迷惑をかけたわけですが。

今一度自分の「許せないこと」を、考えてみるのがいいかもしれません。





ちなみに豊さんの一番「許せないこと」は、『卵かけごはんに炊きたてのご飯を使用しないこと』です。

も、意味分かんない。
スポンサーサイト

準備のススメ

「用意周到」って好きな言葉でしてね。


どうにもマイナスイメージのついてしまっているこの言葉なんですが、冷静に考えてみると、準備が抜かりないって意味で、すごく重要な事だと思うのですよ。

豊さんの周りには「ケツに火がつかないとやる気がでない」「明日できることは明日する」と言って憚らない方々がわんさといまして、まぁ実のところ豊さん自身もどっちかというと、締め切りを決めないと動けない質ではあるのですが、「締め切りを決めないと動けない」と「締め切りが迫らないと動けない」では大きな差があると思うのですがいかがでしょうか。

ある物事を三つの段階に分けると、準備、本番、そして振り返りになりますよね。例えば同人誌を作って即売会で売るなんていうことになると、何処がどういう区分けになるのか難しいのですが、自分が一番「やりたい所」が本番になるのでしょう。本を作るという第一目的なら、原稿しているところが本番なのでしょうし、イベントで楽しみたいというのならば、原稿作りそのものが準備、という事にもなりますよね。

で、もちろん豊さんも本番は好きなんですが、その準備ももちろん好きでして。なんか字面にするととてもいかがわしくなってしまってアレなのですが、他意はございません。うそです。ちょっとありました。いかがわしい意味で捉えていただいても全然構いません。

うん。話を戻しますけど、準備って意外と心躍るではないですか。こないだのライブなんかもう準備の段階から興奮してましたからね。セットリスト予想して消費UO計算して勢い余って家の中で折っちゃって、仕方なくキラメキラリを全力で振り切ったあの夜。おかげで本番でUO切れちゃうという失態を犯しましたが。

そんなこんなで、旅行とかでも準備ってのは楽しいものであるべきことなのだと思います。むしろ楽しく無くてはならない。

準備を行うことで、最小労力の最大幸福を本番で味わうことができるというのは、とある偉人の言葉ですが、とにかくぶっつけ本番でやるよりかは全然マシなのですよ。

逆に準備が不十分だと、いまいち本番で盛り上がれなかったり、その盛り上がれなかったことに対して「もっといい選択ができたんじゃないだろうか」といつまでも後悔してしまうものなのです。

経験が伴っているのならまだいいのかもしれません。けれど、初めてのことならば、なおのこと念には念を入れて。後悔は後にするから後悔なのです。先に立つべきものは後悔ではなく、地道な準備なのです。

というわけで準備のススメ。みなさんも思うところはあるでしょうが、楽しんで準備ができるならば、良いのではないでしょうか。

特に遊びの事ならば。


閑話休題。


週末は大阪です。

もちろん仕事です。

けど、そのまま遊んで帰ります。

ちゃんと職場には「土日は遊んで帰ります」と言ってますので、これは公私混同でも、職権乱用でもありません。

偶然金曜日に大阪でお仕事が入っていただけです。

そのスケジュールを組んだのが豊さん本人でも。

これは、偶然なのです。





ヒャッホーイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。