スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

威勢のいい奴は大体話を理解してない

缶詰に興味SHINSHINです。


なんで無駄に昭和臭を漂わせたのかはわかりませんが、ここのところ、缶詰というワードが豊さんの中で急上昇中なのです。

きっかけは、もらい物の缶詰だったんですが、豚の角煮の缶詰。

多分家によって違うと思うのですが、豊さんの実家では、特段缶詰というものを使うことがなく、豊さん自身も、シーチキンと桃缶をはじめとするフルーツ缶ぐらいしか知識がありませんでした。

さらに言えば、鉄の缶詰。要は保存食ですよ。味はそれなりで鉄のにおいがきついという勝手なイメージを持っていました。

そんなでしたから、缶詰をもらった時も、豚の角煮という珍しさはあれど、どうにも敬遠してしまっていたんですね。

それがこの間、どうにもお腹がすいてしょうがなくなったので、ふとそういえば缶詰あったよなぁと手に取り、食べてみたらこれがあーた


マジ美味い。


期待していなかったのかなんなのか、いやいやこれ全然普通に料理として成立するじゃねぇかマジかこれと、一人でテンションあがってました。常温のまま食べちゃってたんですけど、あわてて皿に出してレンジですよ。

いや衝撃も衝撃。缶詰マジなめてたわゴメン、と言いつつ新たなごはんのおかず候補に挙がったので、ネットショッピングで見てみたらその衝撃のお値段で二度驚く。いや、缶詰ってこんな高いのか…。

シーチキンと桃缶の豊さんには理解できない世界ではありそうですが、さりとてその値段を張れるだけのポテンシャルはあるんでしょうけど。

いやしかしうまかった。たまの贅沢に、ちょこっと家飲みするときぐらいに使うのもよいかもしれません。

手を加えれば立派な料理になりますし(そんなめんどくさいことめったにしないけど)


閑話休題


西日本は大体梅雨入りしたそうで、毎年のことながら憂鬱な季節の始まりです。

一人暮らしで、家の管理がずぼらになると、あっという間にカビの繁殖が始まる季節です。

洗濯物は乾かないし、家の中の湿気とるのに乾燥機使ったら喉に悪いし。どうしろと。

家から一歩も出なければそれなりに快適なのですが。一社会人としてはそういうわけにもいかず。引きこもりに優しくない世界です。いつもながら。

ただまぁ悪いところがないわけじゃないわけでして。文字通り恵みの雨。農家の人は言うに及ばず、我々も夏に水不足にならないよう、ここで助走をつけておく必要がある、という崇高な理由もございます。

後は…そうですね。うん、これも崇高な理由の一つなのですが、その、女性が薄着になるではないですか。

夏にかけて春服の出番も終了、特にこの時期湿気の高さも相まって、一足先に盛夏の装いで街を闊歩してらっしゃる皆様を見ているとですね、こう、心が豊になるじゃないですか。ココロユタカさん。

通り雨なんかに濡れてくれるということないんですがね。早々おいしいことにはならないわけでして。

そういえば、その昔雨をテーマにしたエロゲがあってですね、とてもぷに感とロリが秀逸で…。

そんな話はどうでもよろしい。

ま、暑いの苦手ですが、そうそう悲観的なことばっかりじゃないですよ、とそういうお話。



スポンサーサイト

ネムル

眠いですね。

いやね、昔っから眠りは浅い人だったんですけど、ちょっとこの度ごたごたがございましてですね、ついに年貢の納め時が参りまして、はっきり診断を下されてしまいました。


不眠症、だそうです。


いえ、決して寝れないとかいうわけではなく、昨日も余裕で7時間ぐらい寝てるんですけども、どうも不眠症の中でも熟眠障害というものらしくて、要するに眠りが浅いと。昔から言われてましたが、この度めでたく病気認定されました。

…めでたくねぇ。

でもびっくりしたのですが、「眠りが浅い」というだけで(もちろんそれだけじゃないのですが)、病気と診断されてしまう世の中なのですよ。

保険適用ももちろんできるので、いいっちゃいいんですが、やっぱりまだ「精神科」と言うと抵抗が多い方がいらっしゃるようです。

豊さんなんかは中二病高二病大二病社二病と綿々と続く、もはや大脳皮質にある程度の物理的な何かが植えられているのではないかと疑うレベルの人間ですので、別に今更精神科とか何でもないんですね。むしろ社二病的には罹っていることが一つのステータスですからね。何を言っているんだ豊さんは。

でまあ、逃げに逃げ回っていた事実をようやく顔の前に突き出されましてね。ああそういうことかと。しゃあないよな病気ならって話になるわけです。

ここで勘違いしてほしくないのは、「しゃあない」と思っているのはあくまで豊さんの中でだけです。「寝ても寝ても疲れが取れないのは病気だからしょうがない」ってところまでです。そこから「だから仕事の集中力が落ちて効率が悪くなってミスしてもしょうがない」となってしまってはダメ。ダメです。それはプロとして。少なくとも言い訳にはしたくない。

ま、そんな深刻なことではないとのことなのですよ。別に昨日今日の話ではなく、大学生とかそこら辺からずーっと付き合っていることですし。多少の「慣れ」があることも事実なのです。ていうか今の今までは、辛いなぁと思うぐらいだったのですから。

とまぁそういう大義名分もできましたので、まずはちょっと「睡眠環境」というものを整えてみようと思います。

ほら、今から暑くて寝にくくなりますからね。


閑話休題


電気屋さん行くとね、何の気はなしにやっぱりパソコンコーナーに向かってしまうのは性なんでしょうかね。

この間モバイルノートPCを入手して、もうしばらくはPCいらんというのに、気がつけばふらふらふらふらと。

大型店舗みたいに階層区切ってると、自分の用のないフロアにはわざわざいかんのですが、郊外の平屋店舗みたいだといっしょくたじゃないですか。電子レンジコーナーの裏にPCとかおいてあると、ディスプレイ云々というよりかは本当にここのスタッフは電気知識があるのだろうかと心配になるのですが。まぁ電源入ってないので大丈夫だろうとは思うのですが。

でもやっぱり思うのは、ウルトラブックいいですねぇ。最高峰はMacBookAirですけど。

自分で作った分、今のモバイルノートにも愛着はあるのですが…やっぱり薄いのはいい。薄ければ薄いほどいい。その分感覚がちが何言ってるんですか。

薄いだけじゃないんですよね。惹かれる要因って。あれなんなんだろうと疑問に思ってたんですけど、最近分かりまして、素材です素材。あの、Airのアルミのカチッとした剛性の素材。あれがもう最高すぎる。

プラスチックじゃ逆立ちしても出せないあの質感。あれがいい。あの高級感が何とも言えない。

その分、柔軟性とかメンテ性とか犠牲にしているものはたくさんあるんですけどね。

ただ、PCでできること同じだったら安い方がいいっていう理論は、少なくとも豊さんには通用しません。

現代のモノづくりに真っ向から対立するようですが。一日うちかなりの時間一緒に過ごすものを妥協で決めたくないという持論があります。

…え? モバイルノート? あ、あれはだから、自作してみたかったのと、すぐすぐ要ったし、お金も安く…。


……妥協じゃないよ。ちがうもん。


ヒキコモル

「何か」について表現しようとした時に、その何かについてすごく深く考察するべきだと思うのです。


ちょっと前に袋小路にはまりかけていたのが、「自然な演技」という矛盾した日本語。

役者というか、演者というか、おおよそその類に分類される人たちの分野なのですが、もう日本語の意味からして真っ向から対立しているこの言葉を紐解くならば、要するに、「演技にみせない演技」ということになるのでしょうが、言葉でならともかく、実践がことのほか難しい。

それは多分、普遍的な意味合いでは決してなくて、例えるならば、演劇の演技と、ドラマの演技、声優の演技、それらはすべて異なるもの。もっと突き詰めて言うならば、作り上げる作品によって、「自然な演技」の定義は異なるのだろうと思います。

それが多分、「役に入りきる」という表現の根本なのでしょうが。役に入りきるにはその作品に対する理解だとか愛情だとかそういうたぐいのものが必要で。

いくら言葉を並べ立てたところで、結局「自然な演技」をして「作品を高める」こと、意識を高めて作品を高めること、技術を高めて作品を高めること。作品を高めるということにつながる最初の入り口は、理解だとか、愛だとか、そういう概念的なものに頼らざるをえないんですねぇ。

ま、そういう創作意欲と現実の間でぐるぐるぐるぐる回るのも宿命と言えば宿命ですね。

「こうすればいい」とわかっていてもできない。
「こうしてはいけない」とわかっていてもやってしまう。

この、自分ではどうしようもできない状態に陥ってしまうと、急に一気にズドーンと落ちちゃうこともあるます。

要するにスランプだとか鬱だとか。たぶん普通の人もそうだと思いますけどね。

それから回復するのに必要なのは、時間だったり、普段通りの生活だったり、睡眠だったり、友達との他愛もないバカ話だったり。

風邪みたいなもんですからね。いつの間にかなってていつの間にか治ってる。

というようなお話。たまにはこうやって文章にしないと、頭の中で考えてるだけだとどうしても「それで終わり」になっちゃいますからね。考えを文章にして整理するって、結構重要だと思うのです。


閑話休題


暑いですな。昼間。

仕事柄、銀行やら郵便局やらハロワやらに出向かないといけない豊さんとしましては、大体この季節ぐらいから10時5時の法則にのっとって仕事をするようになります。

…いえ別に10時出社の5時帰りではないですよ。おかしいでしょそんなの。そんな仕事この世にないですよあるかもしれないけど。

ではなくて、10時から5時の間一切外に出ないという確固たる信念のもと、外に出る用事を極力それまでに終わらすという、仕事熱心なんだかそうじゃないんだかわからない。

ただまぁ「一切外に出ません」と言ってしまうよりかは、「10時までに外に出る用事終わらせます」と言う方が心象はいいですよね。

一番いいのは営業車でクーラーガンガンに効かせながら訪問とかなんですけど…言うまい。そんなことは夢のまた夢だ。

後は、「会社閉じこもってると健康に悪そう」とか言われるんですけど、あの凶悪な太陽の炎天下にいる方が健康被害は大きそうなんじゃと考えてみたり。地道に階段使ったりして運動を…。もう思考がおっさんですね。

でも出ないよ。暑いもの。


大体9月終わるくらいまでこの調子です。


いや仕事は仕事ですよ。仕事しに行くんですよ。

マラソンの休日から一夜明けて。


体…というか、意識は別段なんともないのですが、胃腸関係がおかしい。どうにも一切食物を消化できていないんじゃないのかってぐらいに気持ちが悪い。一体どうしたんだ豊さんの体。

というわけで宣言通り土曜日の朝から日曜の夕方までがっつりやらせていただきました。時計仕掛けのレイライン二作品、百花繚乱エリクシル、ひとつ飛ばし恋愛と四作品。

どれもこれも面白く、信者であるAXLとAsaについては鉄板でしたね。ただなんというかひとつ飛ばし恋愛のシナリオがいつも通りぶっ飛びすぎておりまして、百花繚乱の印象がちょこっと薄い感じが。

AXLも9作目ということで、ずいぶんとまとまってきた感がありますね。声優起用についても積極的ですし。穂美さんファンですし。ただ、いかんせん個別のボリュームというか、描写が足りなかったような気がするのは、豊さんがナナメ読みで意識が薄れてきた時にやったからなのでしょうか。

もちっと詳細に描いてほしかったなぁと。

ひとつ飛ばしについては…もう多くを語るまい。豊さんの中でエロゲ界一、二を争うイロモノメーカーですよ。その秀逸な笑いのセンス。メタ発言、パクリ。こういうワードが嫌いな人はダメでしょうけど、少なくともあの流れをぶった切るセリフ回しと掛け合いはどこにもまねできないんじゃないでしょうか。

声優さんの熱演もあるんでしょうけども。

攻略対象ヒロインが前回より減ってるので…これは「ひとつ飛ばさない恋愛」ワンチャンあるんじゃないか…。

ヒロイン全員ツボなんで、コンシューマーでもいいから出してくださいお願いします買います。



閑話休題



週末に東京出張ですって奥様。

例大祭がある影響か酷い具合に見事に埋まってて、ホテルが取れなかったんですけど、なんとか寝床は確保…いやまぁ会社宿泊が寝床確保と言えるかどうか微妙ですけども。

東京も久しぶりですので、友達に会いながらぶらぶらしようかと思います。

しかしまぁ東京に行くとごはんが高くつくのが問題なんですよねぇ…。たまになんでいいっちゃいいんですけど。

週末は日比谷でオクトーバーフェストやってたりとか、例大祭やら俺の嫁やらいろいろイベントもあるみたいですので、どうするかは未定ですが、のんびり行こうかと思います。

…オクトーバーフェストで泥酔したら帰れなくなるけど…。

さぁてどうすっぺ…

無印モルツ派は少数派

ビールの銘柄闘争、というものがございましてですね。


まー何のことはない、酒飲みたちのいつもの話の種、どの銘柄のビール派かって話ですよ。

その昔は一杯目はビール、二杯目はビール、とりあえず新人は飯よりビールみたいな風潮がございましたし、まあ何はともあれビール飲んどけば大丈夫だろという暗黙の了解がございまして。これはまぁ提供時間の問題だとか、急性アルコール中毒になりにくい(なる前にお腹いっぱいになる)とかあるんですが、最近はそうでもなくなりましたね。

とは言ってもビール派には避けて通ることのできないこの闘争、酔っ払い同士の話から完全な乱闘にまで発展するげに恐ろしいものですが、豊さんはどうやってもドライ派です。次点でラガー。

っていう話をすると、「貧乏人がww」とか、「プレモル以外考えられないし」とかまぁ勝ち誇った顔で言ってくる輩がいるのですが、わかります、わかりますよ、確かにプレミアムモルツは旨いでしょうよ。

でもですね、プレモルをガンガンに飲み続けていると、なんていうか香りが鼻についてきませんか。

かなりハイレベルなビールであることはもはや疑いようもありません流石にプレモル。ですが。飲み続けられるかと言われるとどうにも首をかしげてしまう。

途中で別の酒に行くなら問題ないですよ。日本酒とか焼酎とか洋酒とか。でも、これからの季節、無性に「ビールが飲みてぇ。アルコールじゃなくて、ビールだけが飲みてぇ」と感じることが多くなるじゃないですか主に昼休憩とかに。

多分酒飲みの方にはわかっていただけると思うんですけど、いわゆる「高級ビール」と呼ばれるものには、単価あたりの満足度を上げようとした結果、飲みやすさが低下してしまってるんじゃないかなと思うのです。エビスなんかも、味が重たいですよね。満足度は高いのですが、早々何杯も何杯も飲もうって気にならない。

その点スーパードライとかラガーとかは一日の長がありますよね。もう最初っから最後までそれで行けますもの。

そんな馬鹿なと思う方は、一度試してみるといいと思いますよ。プレモル飲みまくって、ああもうそろそろビール飽きたなみたいに思ったところに、キンキンに冷えたスードラを投入。

嘘みたいに飲めますよ。


…んん。まぁ正しく別の酒飲めって話ですね。あと、自分の酒の限界が分からない人はやらないこと。



閑話休題


ちょっとリアルに傾倒しすぎた感がありまして、原稿もこないだの週末でひと段落、やっとのことで光明が見えてきたということで、週末にソロマラソンでも敢行しようと思ってます。

ま、慣らしを込めてなので、大体24~30時間目安ぐらいでできればいいかなと思ったり。

エントリー作品はレイライン2作、倉野くんちのふたご事情(安かった)ぐらいでいかがでしょうか。

どうもさわりをやってみた感じ、レイラインは豊さん的にヒットはするけどボリューム不足、あとゲームの動作がもっさりと、やや不安、ふたごの方はまったりしすぎてるんじゃないかと若干不安なところがありますが何とかなるでしょう…。

徐々に慣らしていかないとね、倒れちゃまずいので。主に残念な意味で。



自作を舐めるととんでもない目に合う

この度メインパソコンの大掃除に伴って、一時避難兼サブPCとして、ノートPCを購入したのですが。


いえ、購入したというよりかは中古の本体を買ってきて新品の部品詰め込んだという表現の方が正しいのですが、ノートPCを初めて自作したわけですよ。

いやはや、デスクトップと違って自由度が少なくて、規格が違えば合わない入らないは当たり前、互換性のあるものだってちょっとぐらつけばそれだけで使用中に脱落の可能性があると気が抜けません。

やっぱあれですよ、ノートは素直に買った方がいいですよ。故障したってったって、ほぼマザボ交換の憂き目にあいますからね。コンデンサ爆発。ノートはデスクトップに比べてはるかに自作が安いですけども。

時間と手間を考えたら、買う方が早い。間違いない。


閑話休題


それはさておきと言っておきながら、PCを買ったって話に関連するのですが、XPの保証期間が来年の3月いっぱいで終了しますね。

まぁ、保証が終了するだけで、別にあるものは使い続けてもいいのはいいのですが、やっぱり使いにくくはなるわけですよ。再セットアップ時とか、不便になると思います。

2年ぐらい前から新規販売時にOS選択でXPを選択できなくなりましたし、Vistaと違って7はそこまで悪評を聞かないですし、着実にOS移行は進んでるように思います。

しかしながら、XPと7では開発プラットフォームが異なるため、ソフトの互換性が危ぶまれているのです。いや何をいまさらと思うかもしれませんが、今の今までは「そうはいっても何とかしてXPを手に入れることができる」っていう状況だったのが、マイクロソフト母体が完全に手を切るという状況に立つと、着実にそれが難しくなってしまうのですよ。

具体的に「どうします」という発表はないものの、それが逆に「いやだってサポート終了したし」という魔法の言葉で逃げられてしまう可能性をはらんでいるのは言うまでもありません。

いや、何が言いたいかっていうとですね、7対応していないXPのエロゲができなくなるんですよ。それが大きな問題なんですよ!

そりゃね、待てばリメイクとかされて対応するのかもしれませんが、すでに潰れてしまったソフトハウスや、そこまでの余力がないソフトハウスの作品なんかは永遠に日の目を見れなくなる可能性すらあるのです。そんなことが許されるでしょうかいや許されるはずがない。

とまあそういう状況ですので、一応XPの環境はあるけど、仮想でバックアップをとっときたい。でもVMとかは敷居が高い。そういうお方のためのwindows7 XPモードでございますよ。

windows8には残念ながらXPモードを搭載しておらず、VMで環境作るにしても今更XPのライセンスなんか入手するのが難しい。…いやできなくはないですけど。

そんな面倒くさい事するくらいならば、てっとり早く7のPro以上のバージョンを買って、XPモード使う方が建設的かなと思ったりするわけなのですよ。まぁ所詮仮想なので、実機には敵わないのですけども。

ただ、普段は使わないXPの為に実機を開けるくらいなら、多少パフォーマンスは落ちても、仮想で環境持っとく方が賢いような気がするのです。どうせやるのはエロゲですしね。

PCの進化はあっという間ですので、皆様も現状把握と市場動向にはそれなりに気を使いましょう。

気がついて手遅れ、余計なお金を使う羽目になりかねません。

買いたいと思った時が買い時、なんていう言葉は確かに真理ですが。

正しくは市場からなくなる時にとりあえず買っとくのが正解、というわけですね。

…うーん、オタ思考ですこと。



鼻水が止まらないのです

ここのところ暑かったり寒かったりで厳しいですね…。

ゴールデンウィークだというのに風邪気味で鼻声、微妙なテンションながらも休みを満喫しなければならないという使命感に駆られ、力の限り遊びまくった結果、結局連休明けても調子がおかしい豊さんです。どうも。

いやしかしこのゴールデンウィークはいろいろございまして。実家に帰ったり、なんかよくわからないギャルが自宅にパラサイトしてきたり、徳島行って生えりりんに会って異常に興奮したり、ネットラジオの収録の真似事をしてみたり、ニャル子の一期をぶっ通しで見てみたり。とにかく盛りだくさんでございました。正直もうちょいおとなしくしてればよかったと思わなくもない。

合間にちょこっと仕事とか入ったりしたんですけど、おおむねリフレッシュできたんじゃないかなと思います。即売会に行けてないのが心残りと言えば心残り。あとエロゲしてない。

最近…というか年明けてからこっちですか。「今までやったことないことをやる」というテーマのもと、いろいろ手さぐりで挑戦してきましたけど、なんというか。やっぱりいろいろ難しいですね。

もう半ば呪いのように付きまとってくる創作欲というものがございまして、これの厄介なところは凹もうが何しようが決して消えてくれないところにあるわけですよ。例え渾身の作品を全ボツくらって、凹んだとしても、またむっくり鎌首もたげてやってくるわけですよ。ホラーか。

そういう面で、ちょっと今までやったことないもので「作品」を作ってみようじゃないかといろいろ試行錯誤(投資も含めて)やってみたんですが、あれですね。表に出せるようなものにはそうそうならないですね。

いろんな意味で一人じゃ無理です。結論。知識がネックです。

いやはや。作り手というものはかくも罪深いものです。好きでもの作ってるくせに、認められないと満足しないんですから。

その二律背反こそが、作品の質を良くしていく原動力なのですけども。


閑話休題


今季のアニメは面白いものが多いですね。

驚異的なOPの中毒性の『進撃の巨人』、ショートアニメ枠の伏兵『波打ち際のむろみさん』、そろそろいろんなところからくぎを刺される『這い寄れニャル子さんW』と、毎週楽しみにさせていただいております。

…。

なんだよ、広島はアニメ不遇の地だからニコニコでしか見れないんだよしょうがないじゃないか! BS入ろうにもウチのアパートじゃ入れないんだよコンチクショウ。

もうそろそろ引越も辞さない覚悟ですがそれはそれとして、ショートアニメ枠が面白いっていう話ですよ。

前シーズンのぷちますとかもそうでしたけど、一日3分とか、毎週12分とかの枠ってすごくちょうどいい感が半端ないのは豊さんだけでしょうか。

30分のアニメもそれはそれでいいのですが、例えばニャル子さんとか内容が濃すぎて、見ててすごい体力使うんですよね。いやそれがまたいいんですけど。

それに、ショートアニメだと見逃したとしてもそんなに影響ないじゃないですか。一話完結型が多いですし(ぷちますみたいに極端に短いとそれも難しいですが)。

昨今のアニメ制作予算現場の悲壮を知っていると、よりリスクの少ないショートアニメに本腰を入れるのもありなんじゃないかなぁと思わなくもないです。

骨太のアニメもいいっちゃいいんですけどね。ほのぼのまったりギャグ系はシフトしてもいいような気がします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。