スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメが見たい。

雨ですねぇ…。

じめじめした空気です。ですが、外に出るのが億劫になるこの季節は、ヒキコモリの正当化に絶大な説得力を得る季節だといえます。さあ皆でレッツHIKIKOMORI!

ま、ね。分かっちゃいるんですよ。そんなこと主張したところで、会社は休みにならないし、始業時間は遅れてくれない。世の中世知辛いものですねぇ。

そんな世知辛い世の中にさよならさせてくれるのが、昔から言われていますね。酒と女とエロギャルゲー。かくも昔の人というのは偉大です。

また豊さんのことを残念な目で見る人が増えたところで話を戻しますと、バカテスなのですよ。

話が戻ってないのは百も承知なので突っ込まないでいただけると幸いなのですが、久々にアニメを見ましてですね。あ、おもろいと。これは笑えると。勢いでDVD借りてきてしまいました。

小説ももちろん好きなのですが、やっぱり動くと違いますよね。アニメでしか出せない味があると言うか。ちょこっと「決め」るところが弱い気がしますが、まあ日常シーンが面白いので良しとします。

というわけで、ちょっと貯めてたアニメをちょこちょこ消化しようかなという次第です。だってけいおん!も見てないし、クラナドも見てないし、ひだまりも見てないし、サンレッドも見てないし、インデックスもレールガンもストパンもゼーガペインもダガーポもクイブレもとらドラも見てないんだよ!

DVD出るのに間が空きますからね。レンタル旧作に並んだあたりが狙い目です。

でもまあ皆考えることは一緒な訳で。豊さんはDVD半額の日にレンタル屋の日付変更線をまたいでアニメの棚をうろうろする羽目になるのです。

「本当に社会人ですか?」

高校時代から続く伝統に何か文句がありますか?


スポンサーサイト

つゆ

暑いですねぇ。

梅雨前の独特のこの蒸し暑さが。なんていうか半袖はオッケーだけどノースリーブはNGみたいな。消え行くストッキングとこんにちは生足みたいな。ブーツもいいけどビーサンはビーサンで大歓迎みたいな。

…ああ、頭の中は年中お花畑ですよ。若しくはトロピカルリゾート!

灰色の脳細胞があるなら薄紅色の脳細胞があったっていいじゃないかッ!

>薄紅色=ピンク。

と言うわけでクールビズですね。ノーネクタイ万歳。但しファッションバランス的には微妙。ノーネクタイおkなら、カジュアルシャツもおkにして欲しいですよね。

もういっそアロハシャツで仕事とか。あーテンション上がりそうだなぁ。

ただし、アロハシャツを着て仕事をすると、もれなく昼休憩に生ビールを飲むようになる(断定)ので注意が必要です。スーツ着てても呑みたいのに。

ビールの一、二杯で仕事が出来なくなるとは思いませんが、少なくとも仕事をしたくなくなるのは確かです。…普段のやる気? やだなぁありますよ。特に、納期前にプログラムが組みあがった時とか。納期までフルスロットルですよ!

友人「ダメ人間が…」

しょぼーん

シタイコト

サッカー勝ったらしいですね! 豊さんはその時間、もれなくマギウステイルをやってまして、双子の魅力に黒星連発だったわけですが、勝って良かったですね。でも、世の中には負ける方が幸せなことも多々あるので注意が必要です。

まあ豊さん、この件に関して白星を取ったことがないので、本当に幸せな頭をしてると思います。一般的に見れば、残念な頭かもしれませんが。

ところで、豊さんは日曜日資格の試験だったのですが、まあ火曜日の時点でマギウステイルの双子を攻略している点からして、試験前日・当日に何をやっていたか分かる人もいるのでしょうが、寸分違わずやってました。

さぁ皆に問題だ。ニナレナは豊さん的に何番目でしょうか!

おそらく正解は四国在住のあの方しか分からないと思いますが、それはそれとして、試験だったんです。前回落ちたんです。そのせいで異動させられたんです。

にもかかわらず、反省の色が全く見えない豊さんは、今回も自己採点結果が合格ラインちょっきりという命知らずな綱渡りをやってのけました。…アレですよ。部分点期待しまくりですよ。高校の数学の試験にかける途中式の部分点と同じレベルですね。

しかし思うんですよ。社会人になって特に。先の事先の事を見据えて行動するのは美徳とされますが、時間に多大なる制約のある社会人がそれをやってしまうと、いつの間にか時間が経ってしまっているんですよね。

もうこうなるとそもそも論の話になってしまうんですが、一体それは何のためにやっているのか。自分の目指すべきところは何なのか。大げさに言えば、豊さんにとってそれは人生のためになんになるのか。というか、人生は何を持って充足とするのか。

ま、別にそんなカビの生えた哲学論を披露するつもりはさらさら無くてですね、日がな暮らしを信条とする豊さんとしては、仕事はどこまで行っても手段であると。ただし、様々な目標に対して、最も即効性のある、最も有効打である手段であることは間違いない。

その程度のことなんですね。

だから天秤にかけるんです。この勉強をすることによってこの試験に受かる。そうすれば豊さんの評定は上がるし、報奨金だって出る。だけど、もし落ちたならこの時間は無駄になる。この無駄な時間で一体いくらのゲームが攻略できるだろうか。

で、豊さんは計算高いので、ギリギリの線を攻めるんですよね。勉強しつつ、ゲームもする。計算高いというよりも、優柔不断というか欲張りというか。本能だけで生きているとも言いますね。ていうか計算高かったら試験には受かるっつーの。

後悔はほとんどしませんね。反省はしますけども。ただ、そのトライ&エラーの調整幅が細かすぎて、失敗を増産して、反省してないように見えるだけなんです。

うん。

そこまでしてゲームがしたいか。

そもそも天秤にかけるものが間違っているというツッコミは却下します。

「俺の人生に文句をつけたきゃ、俺がうらやむような人生を歩んで見せな!」

名言です。

仲のいい二人

プロ野球のファン投票の季節ですね。うちの会社は某球団と密接な関係にあるため、毎年毎年このファン投票に関して異様に盛り上がる人が出てきます。

そもそもですね、なぜかうちの会社は野球派とサッカー派に二分され、お前らどこの小学生だよというレベルの争いを繰り広げております。

曰く「野球よりサッカーのほうが面白いだろうが馬鹿!」
曰く「野球とサッカーだったら野球のほうが人気あるだろうが馬鹿!」
曰く「勝てねぇじゃん野球」
曰く「よしそこに直れ口の中に画鋲詰めてフルパワーで殴ってやる

暴力の手段がえぐいので注意が必要です。なんとも地域性が出ていると思われますが、支社の関西行っても東京行ってもこんな感じです。やめて!県外の人に誤解を与える行為はやめて!

さすが週3で球場に通う男ACLのためにオーストラリアに行く男は格が違う。

格が違いすぎて、話がディープすぎて、結果的に二人とも放置されるんですがね。

…ホントは仲いいんだろうなこの人たち。

僕らに迷惑の掛からないところで思う存分やって欲しいものです。


P.S. PULLTOPの新作がきてます。要チェック!

バストイレ別は外せない

最近お風呂でいろいろやることを覚えました。

夜の時間帯じゃないと口に出せないようなことを想像した方はその場で一分間正座すればいいと思いますが、そういうことではなくて、お風呂の中で雑誌とか漫画とか読むという流行のアレです。

…まあ、流行っているかどうかは別にしてですね。お風呂にゆっくりとつかるという行為は、非常に良いことだと。

豊さん自身は、基本的に熱いのが苦手で、お風呂に長くつかるとか、サウナで我慢大会とか苦手なのです。でも、何か気をまぎらわす物があれば大丈夫!ということで、ビニールに包んだ漫画やら雑誌やらを読んでいたのですよ。

というか、別にお風呂に長く入る必然性はこれっぽっちも無いので注意が必要ですが、とりあえず「入りたい」ということにしておかないと今日の話が成立しないので、豊さんはお風呂に長く入りたいのです。(断定

自己暗示完了。

んん。で、ですね。今日は読むのにちょうどいい本が無かったのですよ。雑誌はあらかた読み終えたし、ハードカバーやら文庫を持ってはいる勇気は無いし。

そこでふと目に入ったのが我らが友達iPod

お。これいけるんじゃね?

いそいそと台所からジップロックを調達し、用心のために二枚重ねを施し、いざ服を脱ぎ捨て浴槽へ。

おおお!いけた!

iPodの操作はジップロックの上からでも認識してくれるので、快適なお風呂でビデオ視聴が出来ました!

…ただまあ。

先にも書きましたが、豊さんはこれといって目的無く、お風呂で何かがしたいという理由だけでやってたんですね。

別に半身浴をするわけでもなく、ただただ普通にお湯を張って、肩までしっかりつかりながら、アメトーーク!を笑いながら見てたんですよ。

風呂場から聞こえる笑い声っていうのもかなり不気味な感じで残念な感じなのですが、それ以上にこれ。

普通に、のぼせます。

気がついたら一時間なんだもの…。そりゃくらくらするよ。

この歳になって久しぶりに風呂の入りすぎでのぼせるという事態に陥りました。

…今度はぬる目のお湯にしよう。

風呂でアメトーーク!を見るのは止めない。それが豊さんクオリティ。


間の悪い時

間の悪い時ってのはどうしてもあるんです。

仕事から帰ろうとしたら土砂降りで、でも、疲れてるから一刻も早く帰りたい。ぼろぼろになって玄関でレインコートを脱いでると、ぴたっと雨がやんだり。

新作を期待して毎日カウンタを踏んでいたソフトハウスのHPで、お金を貯めてwktkしてたのに全然音沙汰なくて、痺れを切らして他の作品買ったとたん新作を発表してみたり。

自分ではどうしようもならない間っていうのは、確かに存在するんです。

けどまあ、よくよく考えてみれば、豊さん達が日々「間が悪い」といっているような出来事は、実はどうしようもないことでもないような気がするのです。

溜まりに溜まった仕事を消化してる最中に、新しい仕事を投げてくる上司に「間が悪いなあ」と思ってるのは、仕事をためた自分の責任ですしね。

要は気の持ちようなんだと思うのです。気の持ちよう次第でこの世の中はとても過ごしやすい世の中になるんだと。

頭では分かってる。分かってるんですよ。

ただですね。

かの有名な言葉、「人生というものは前向きに生きるしかないが、後ろ向きにしか理解できないものだ」という言葉が表してるようにですね。

仕事でてんやわんやになってる中に全然関係ない仕事を投げてこられればカチンとするし、新作が出ればついカッとなって買っちゃうし、ガチャで欲しいのが出なければ、大人のサイフに物を言わせてしまうんです。

後悔は、していない。(強がり




まあ結局のところ何が言いたいかといえば。


豊さんはどのタイミングで「サクラノ詩」が発売されても買うので。

早く、出してくれ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。